マネーフォワード クラウド給与 使い方ガイド

従業員の契約変更時に行うこと(昇給・住所変更・結婚・休職など)

概要

このページでは、従業員に昇給・昇格・転勤・結婚・住所変更・休職など従業員情報の変更が発生した場合、どのような操作を行うべきかをご説明します。

目次

  1. 昇給・昇格した場合
  2. 雇用形態が変わった場合
  3. 転勤・住所変更が発生した場合
  4. 結婚・出生に伴い扶養者が増えた場合
  5. 産休・育休などに伴う休職が発生した場合
  6. 復職した場合

昇給・昇格した場合

昇給・昇格などで従業員の賃金が変わる場合、「従業員情報」画面から変更を行いましょう。
「給与情報」の「編集」から基本給などの変更が可能です。
また、昇格し「役職手当」など手当を新たにつけたい場合もこちらから設定をしてください。

固定的賃金の変動があった場合
固定的賃金の変動があり、社会保険料の標準報酬月額が変わる場合、「マネーフォワード クラウド社会保険」で定時決定、随時改定の手続きを作成することができます。

雇用形態が変わった場合

アルバイトから正社員、時給制から月給制など従業員の雇用形態が変わった場合の操作方法をご説明します。

給与形態が変わった場合

給与形態が変わった場合は、「従業員情報」の「一般情報」>「業務情報」より変更を行ってください。
「編集」より変更が可能です。

ご注意
給与計算を行う場合は、現在の従業員情報に基づき計算がされます。
そのため、従業員情報を変更するのは、給与計算の際に適用をさせたいタイミングで行ってください。

契約種別が変わった場合

アルバイトから正社員に変わったなど、従業員の契約種別が変わった場合は、「従業員情報」の「一般情報」>「業務情報」より変更を行ってください。
「編集」より変更が可能です。

転勤・住所変更が発生した場合

転勤や引っ越しなどで従業員の住所が変わった場合は、「従業員情報」の「一般情報」>「基本情報」より変更を行ってください。
「編集」より変更が可能です。

なお、年末調整後に提出する給与支払報告書の提出先を変更されたい場合は、「従業員情報」の「一般情報」>「住民税」の「給与支払報告書提出先市区町村」より変更を行ってください。
「編集」より変更が可能です。

また、引っ越しをした翌年に住民税の通知書が届いた際、住民税の納付先を変更したい場合は、「従業員情報」>の「一般情報」>「住民税」の「納付先市区町村」より変更を行ってください。
「編集」より変更が可能です。

結婚・出生に伴い扶養者が増えた場合

結婚や出生に伴い扶養者が増えた場合は、「従業員情報」の「一般情報」>「扶養情報」より変更を行ってください。
「編集」より変更が可能です。

扶養者の追加は下記の操作で行ってください。

_capture08

必要情報を入力後、「更新する」ボタンをクリックしてください。

産休・育休などに伴う休職が発生した場合

マネーフォワード クラウド給与では産休や育休など一時離職をする場合に、一時的に給与計算を行わなくなる設定がありません。

産休などの休職が発生した場合は、下記のいずれかの方法で、ご対応をお願いします。

退職扱いにする

「従業員情報」>の「一般情報」>「在籍情報」から設定が可能です。

「編集」をクリックすると、退職年月日、退職区分、退職理由を設定できます。

退職日の登録をすると、退職日以降の給与計算の画面には該当の従業員は表示されなくなります。

また、社会保険や雇用保険について、自動的に資格喪失日が登録されるようになり、従業員負担分や、会社負担分についても控除されなくなります。

そのため、復職をされた場合は、退職日の削除と、資格喪失日の削除を行ってください。

基本給の変更をする

休職中、給与が発生しない場合は、「従業員情報」>の「給与情報」より基本給などの金額を「0円」に設定してください。

また、休職中社会保険料徴収を免除したい場合は、「従業員情報」>の「給与情報」>「社会保険料」の数値を「0円」に設定してください。
_capture12

上記を行うのと同時に、「健康保険 / 厚生年金保険」の「厚生年金保険」の資格喪失日を入力することで「子ども・子育て拠出金」が自動計算されなくなります。
また、「労災保険 / 雇用保険」の資格喪失日を入力することで「雇用保険」も自動計算されなくなります。

なお、復職された場合は、今回変更をした、基本給や社会保険料の設定をもとに戻してください。

復職した場合

退職情報を登録した従業員を復職させたい場合は、「従業員情報」の①「在籍情報」>「指定なし」を選択して「検索する」をクリックします。
②退職者を一覧に表示させた状態で「詳細設定」をクリックします。

「一般情報」>「在籍情報」の「編集」をクリックし、「退職を取り消す」をクリックすると退職情報が削除されます。

また、退職情報を登録すると、社会保険や雇用保険の「資格喪失日」が自動的に登録されるので、復職された際には「給与情報」内の「健康保険 / 厚生年金保険」や「労災保険 / 雇用保険」の「編集」から、日付を削除をしてください。

このページで、お客さまの疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客さまへ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客さまの疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。

よく見られているガイド

よく検索されるキーワード:

  • 給与計算・年末調整について詳しく知りたい方

    給与計算・年末調整・社保事務の基礎知識

    給与計算等の方法をわかりやすく解説

    • 給与計算、年末調整、社会保険事務に関する難しい仕組みを簡単解説。操作方法以外でお困りのかたはこちらへ