マネーフォワード クラウド固定資産使い方ガイド

「固定資産台帳」の使い方

概要

このガイドでは、「固定資産台帳」機能についてご案内します。

「固定資産台帳」機能では、所有している固定資産の情報を一覧で確認・検索できます。
また、新規の固定資産情報を追加したり、既存の固定資産情報を編集することも可能です。

対象ページ

固定資産台帳

対象のお客さま

マネーフォワード クラウド固定資産を「経理管理者」または「総務担当者」権限でご利用中のお客さま
※「システム管理者」「一般利用者」「監査」いずれかの権限をお持ちのお客さまは、画面の閲覧のみ可能です。

目次

画面の確認

「固定資産台帳」メニューをクリックすると、「固定資産一覧」画面が表示されます。
この画面で固定資産情報の追加・編集・検索を行います。

番号項目名項目の説明
固定資産台帳登録されている固定資産の情報が一覧で表示されます。
「エクスポート」ボタンクリックすると、固定資産一覧をCSVファイル形式で出力できます。
「インポート」ボタンクリックすると、固定資産情報をCSVファイルでインポートできます。
「新規追加」ボタンクリックすると、新しい固定資産情報を登録できます。
「異動履歴表示」のチェックボックスチェックを入れると、一覧内に異動履歴が表示されます。
ページャー1ページあたり最大100件の固定資産情報が表示されます。「<」「>」のマークをクリックすることで、ページを切り替えて固定資産情報を閲覧できます。
日付選択ボックスいつ時点での固定資産情報を表示するか、日付を選択できます。
検索ボックスフリーワードや絞り込み条件を指定して固定資産を検索できます。

固定資産の新規追加

固定資産を新規追加する方法は、「手動で1つずつ資産を新規登録する方法」と「CSVファイルをインポートして複数の資産を一度に登録する方法」の2つあります。

手動で1つずつ資産を新規登録する方法

  1. 「固定資産台帳」画面右上の「新規追加」ボタンをクリックします。
  2. 固定資産の手動登録画面が表示されます。

    必要な情報を入力し、画面右下の「登録」ボタンをクリックします。

CSVファイルをインポートして複数の資産を一度に登録する方法

  1. 「固定資産台帳」画面右上の「インポート」ボタンをクリックします。
  2. CSVファイルのインポート画面が表示されます。

    「1.テンプレートをダウンロード」にて、「Excel用(Shift-JIS)」もしくは「その他(UTF-8)」をクリックし、テンプレートファイルをダウンロードします。
  3. ダウンロードしたテンプレートファイルを編集し、登録する固定資産の情報を入力します。
  4. 「2.インポート」で「ファイルを選択」ボタンをクリックし、テンプレートにあわせて作成したCSVファイルを選択します。
    なお、「ここにファイルをドラッグ&ドロップ」と表示された範囲に編集したCSVファイルをドラッグ&ドロップしても、インポートするCSVファイルを設定できます。
  5. 「インポート」ボタンをクリックします。

サンプルフォーマットの項目について

サンプルフォーマットの項目は、移行用のサンプルフォーマットと同じ内容となっています。
各項目の詳細につきましては、移行のガイド内の「サンプルフォーマット項目リスト」をご確認ください。

固定資産の編集

  1. 「固定資産台帳」画面で編集する固定資産を選択します。
  2. 選択した固定資産の詳細情報画面が表示されます。

    画面右上の「編集」ボタンをクリックします。
  3. 「固定資産詳細」画面が表示されます。
    内容を編集し、「登録」ボタンをクリックします。

コメントの追加

固定資産情報にコメントを登録することが可能です。
画面下部のコメント欄にコメントを入力し、「コメント」ボタンをクリックして登録してください。

固定資産の異動

  1. 異動する固定資産を選択します。
  2. 選択した固定資産の詳細情報画面が表示されます。

    画面右上の「異動」ボタンをクリックすると、メニューが表示されるので、操作する内容を選択します。

    メニューごとの詳細は以下をご確認ください。

事業供用開始登録

「事業供用開始登録」メニューをクリックすると、画面右側に「事業供用開始登録」画面が表示されます。

必要な情報を入力し、「登録」ボタンをクリックします。

移動

「移動」メニューをクリックすると、画面右側に「移動」画面が表示されます。

必要な情報を入力し、「登録」ボタンをクリックします。

除却

「除却」メニューをクリックすると、画面右側に「除却」画面が表示されます。

必要な情報を入力し、「登録」ボタンをクリックします。

売却

「売却」メニューをクリックすると、画面右側に「売却」画面が表示されます。

必要な情報を入力し、「登録」ボタンをクリックします。

減損

「減損」メニューをクリックすると、画面右側に「減損」画面が表示されます。

必要な情報を入力し、「登録」ボタンをクリックします。

以下の資産に対しては減損処理を実施できないため、ご注意ください。

  • 償却方法が「対象外」となっている資産
  • 償却済みの資産
  • 事業供用開始前の資産
  • 減損処理を行う月と事業供用開始月が同月となる資産

「全額減損」機能の詳細については、以下のガイドをご確認ください。
「全額減損」機能の使い方

資産種類訂正

登録後の資産の資産種類(法人税・償却資産税)を編集できる機能です。

「資産種類訂正」メニューをクリックすると、画面右側に「資産種類訂正」画面が表示されます。

必要な情報を入力し、「登録」ボタンをクリックします。

資産種類訂正を行うと、「監査」>「ログ」メニューに表示されている対象資産の記録上の資産種類も書き換わりますのでご注意ください。

「固定資産一覧」画面の左側メニューを利用して、登録済み固定資産の検索を行うことができます。

フリーワードで検索

「フリーワード検索」では、単語を入力して虫眼鏡のアイコンをクリックすることで、その単語を含む固定資産を検索できます。
入力した単語が「資産コード」「資産名」「資産科目」「設置場所」のいずれかと一致していれば、検索結果に表示されます。

絞り込み条件で検索

「絞り込み条件」で特定の条件を設定することで、条件に当てはまる固定資産を検索することができます。
「資産科目」「部門」「設置場所」「事業供用日」「資産状態」「取得価格」「取得日付」「その他の条件」のそれぞれに表示されている「>」マークをクリックすることで、絞り込む条件が表示されます。
絞り込む条件を選択して「OK」ボタンをクリックすると、絞り込み検索を行えます。

固定資産台帳のエクスポート

  1. 「固定資産台帳」画面右上の「エクスポート」ボタンをクリックします。
  2. 「固定資産のエクスポート」画面が表示されます。
    出力するファイルの文字コードについて「UTF-8文字コード」または「Shift-jis文字コード」のいずれかを選択し、「エクスポート」ボタンをクリックします。

固定資産の複製

既に登録済みの固定資産の情報を複製して、新規固定資産を登録できます。

  1. 「固定資産台帳」画面で削除したい固定資産の右端の三点リーダーをクリックし、「複製」メニューをクリックします。
  2. 「固定資産登録」画面に移動します。
    複製元と同じ情報が各種入力欄に反映されているので、確認のうえ、編集・登録作業を行います。

固定資産の削除

償却を開始していない(「事業供用開始日」を設定していない)固定資産に限り、削除が可能です。

償却を開始した固定資産を削除したい場合は、事業供用開始の取り消しか、除却を行ってください。
※事業供用開始の取り消しにつきましては、後述の「事業供用開始の取り消し手順」をご参照ください。

  1. 「固定資産台帳」画面で削除したい固定資産の右端の三点リーダーをクリックし、「削除」メニューをクリックします。
  2. 「削除しますか?」というメッセージが表示されます。
    確認のうえ、問題がなければ「削除」ボタンをクリックします。

事業供用開始の取り消し手順

  1. 「固定資産台帳」画面で、事業供用開始を取り消す固定資産を選択します。
  2. 選択した固定資産の詳細情報画面が表示されます。

    画面中央の「異動履歴」タブをクリックします。
  3. 「異動種類」が「事業供用開始」になっている情報の「取消」をクリックします。
  4. 「2022/04/22 事業供用開始を取消してよろしいですか。」というメッセージが表示されるので、確認のうえ、「取消」ボタンをクリックします。
更新日:2022年12月14日
このページで、お客さまの疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客さまへ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客さまの疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。

よく検索されるキーワード: