マネーフォワード クラウド経費 使い方ガイド

電子帳簿保存法への対応手順

このガイドでは、電子帳簿保存法に対応するのに必要な書類や弊社へのお申込み手順をご案内いたします。
設定および規程の制定に時間を要すため、電子帳簿保存法の運用開始時期に関しては社内でご検討ください。

電子帳簿保存法(スキャナ保存および電子取引)に対応するには、以下のお手続きが必須となります。

スキャナ保存と電子取引に対応する場合

  • マネーフォワード クラウド経費の電子帳簿保存法に対応したオプションへのお申込み
  • マネーフォワード クラウド経費の電子帳簿保存法設定
  • 「スキャナによる電子化保存規程」および「国税関係書類に係る電子計算機処理に関する事務の手続を明らかにした書類」の制定
    ※令和4年1月1日以降の「スキャナ保存」は申請不要となりましたが予め規程の制定が必要です。

電子取引のみに対応する場合(スキャナ保存は行わず紙保管を続ける場合)

  • マネーフォワード クラウド経費の電子帳簿保存法に対応したオプションへのお申込み
  • マネーフォワード クラウド経費の電子帳簿保存法設定

マネーフォワード クラウド経費は、公益社団法人日本文書情報マネジメント協会が認証する「電帳法スキャナ保存ソフト法的要件認証制度」と「電子取引ソフト法的要件認証制度」の認証を受けております。

目次

1.電子帳簿保存法の概要
2.対応できる書類
3.必要な規程
4.弊社へのお申し込み方法
5.関連するガイド/FAQ

1.電子帳簿保存法の概要

電子帳簿保存法の詳細に関しましては、令和3年度税制改正による電子帳簿等保存制度の見直しについて|国税庁 をご参照ください。

2.対応できる書類

マネーフォワード クラウド経費では、「立替経費精算の領収書」の「スキャナ保存」と「電子取引」に対応しております。
スキャナ保存、電子取引それぞれ取扱いが異なりますので、ご注意ください。

 

 業務区分 立替経費精算
 書類の区分立替経費精算に係る領収書
 スキャナ保存(紙の原本を電子的に保存)
  • 受領後、最長約2か月と概ね7営業日以内に登録
  • 解像度および階調、大きさ情報の確認
 電子取引(インターネット等の取引で発生した領収書など)受領後、速やかに登録

3.必要な規程

電子帳簿保存法にご対応いただくために必要な規程のサンプルをご案内します。
規程のサンプルは以下よりダウンロード可能です。国税庁のサイトにリンクしております。
※国税庁から開示されている情報元に作成しておりますが、書式が更新された際など最新の書式と差異が生じる場合がございます。
※最新のフォーマットについては、国税庁のサイトでご確認お願いいたします。
参考資料(各種規程等のサンプル)|国税庁

なお、規程の作成時はマネーフォワードクラウド経費電子帳簿保存法機能マニュアルをご参照ください。

<ご注意>
電子帳簿保存法の改正時や社内運用の変更時は、規程の見直しが必要となる場合があります。運用や社内規程につきましては税務署や税理士にご相談ください。

4.弊社へのお申し込み方法

マネーフォワード クラウド経費の電子帳簿保存法に対応したオプションへのお申込み
電子帳簿保存法に対応するオプションは、「コーポレート」「エンタープライズ」となります。
オプションの詳細や料金に関しましては以下のガイドをご参照ください。
プラン

5.関連するガイド/FAQ

「電子帳簿保存法(領収書の電子保存)」に対応していますか?
領収書を撮影したら原本は破棄してよいでしょうか?
電子帳簿保存法(設定)
書類一覧・タイムスタンプ検証結果
電子帳簿保存法運用の注意点(解像度要件の確認)

更新日:2022年08月03日
このページで、お客さまの疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客さまへ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客さまの疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。

よく見られているガイド

よく検索されるキーワード: