マネーフォワード クラウド経費 使い方ガイド

仕訳エクスポート

概要

このガイドでは、「仕訳エクスポート」画面で経費明細などの仕訳データをCSV出力する方法をご説明します。
仕訳エクスポートは、「エクスポート設定」に準じて出力できます。 エクスポート設定で受け入れ側のフォーマットにあわせて出力項目を設定することで、多くの会計ソフトやERPとの連携が可能です。
エクスポート設定についての詳細は、以下のガイドをご参照ください。
エクスポート設定

対象ページ

経理業務>仕訳エクスポート

対象ユーザー

マネーフォワード クラウド経費を「管理」権限でご利用中のお客さま

手順

本項では、「仕訳エクスポート」画面で仕訳を出力する方法をご説明します。 仕訳の出力は申請の種類ごとに操作してください。

出力方法

  1. 「経理業務」>「仕訳エクスポート」画面で出力する申請の種類を選択します。
    選択していない状態では、未出力の申請のみ表示されます。
    ※表示される単位は、「仕訳」画面の「費用計上仕訳の作成単位」の設定によって異なります。
    仕訳エクスポート1
  2. 出力する仕訳のチェックボックスにチェックを入れます。
    仕訳エクスポート2
  3. 「文字コード」を設定します。 「Shift-jis」または「UTF-8」を選択してください。
  4. 「仕訳テンプレート」で利用する仕訳テンプレートを選択します。
    なお、()内には出力単位が表示されます。
    「費用計上仕訳の作成単位」が「出力単位」よりも細かい場合は出力できません。
    出力が可能な組み合わせは以下をご確認ください。

    費用計上仕訳の作成単位出力単位
    明細単位 明細単位のみ
    申請単位明細単位・申請単位
    集計単位明細単位・申請単位・集計単位
  5. 「エクスポート」をクリックし、仕訳を出力します。
    仕訳エクスポート結果イメージ

ご注意

出力明細数が500件を超える場合、出力されたファイルは「一時ファイル」画面に表示されます。
仕訳エクスポート作成中

ファイルの作成が完了したら、「ダウンロード」をクリックしてファイルをダウンロードしてください。
仕訳エクスポートのダウンロード

なお、一時ファイルの内容は24時間後に自動で削除されます。

更新日:2022年07月21日
このページで、お客さまの疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客さまへ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客さまの疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。

よく見られているガイド

よく検索されるキーワード: