マネーフォワード クラウド会計(FAQ)

Q. 「Airレジ」とのデータ連携について教えてください。

「Airレジ」とのデータ連携について、よくある質問を紹介します。
必要に応じてご利用ください。

「Airレジ」で複数店舗保有している場合、どのように連携すればいいですか?

Airレジとのデータ連携では、1つのAirID(Airレジのアカウント)に紐づく店舗数は10店舗以下である必要があります。
1つのAirIDで11店舗以上保有している場合は、分割してデータ連携を行ってください。

  1. Airレジ側でAirIDを取得し、保有している店舗が1つのAirIDあたり10店舗以下となるように設定します。
  2. 「データ連携」>「新規登録」 画面で「Airレジ」を選択し、取得したAirIDごとに連携します。

Airレジ側での操作については、Airレジのガイドをご確認ください。

「Airレジ」と「Square」などで連携をしている場合に、重複を回避する方法はありますか?

現在、重複する明細がある場合も、特にチェックは行われず、そのままの形で取り込まれています。
そのため、AirレジとSquareや、AmazonとAmazonの決済クレジットカードなどで、同じ取引について複数の明細が取り込まれる場合があります。
この場合には、どちらかを仕訳の対象外としてください。
もしくは、片方の連携の解除を検討してください。

レジの入出金データを取得することはできますか?

レジの入出金データを取得することも可能です。
「データ連携」>「新規登録」画面で「Airレジ」を選択し、登録の際に表示される画面で「入出金明細の取得:取得する」にチェックを入れ、登録を行ってください。
※すでにAirレジの登録をしている場合は、「登録済一覧」画面の「登録情報」>「編集」よりご操作ください。

「Airペイ」の振込明細は取得できますか?

「Airレジ」とのデータ連携機能を利用して、「Airペイ」のデータを取得することができます。
「データ連携」>「新規登録」画面より、「Airレジ」を選択し、登録の際に表示される下記画面の「Airペイの振込明細の取得:取得する」にチェックを入れ、登録を行ってください。
※すでにAirレジの登録をしている場合は、「登録済一覧」画面の「登録情報」>「編集」よりご操作ください。

<ご注意>
・連携しているAirレジと同じ「AirID」で登録されているAirペイのデータが取得できます。
・Airペイに支払う決済手数料も取得します。

個別の売上単位で仕訳候補を作成できますか?

Airレジとの連携では日別売上データを取得しているため、売上データは1日単位で仕訳候補に表示されます。
そのため、個別の売上データごとに仕訳候補を作成することはできません。

決済手段ごとに仕訳行を作成することはできますか?

支払手段の仕訳行は、「現金支払合計額」および「現金その他支払合計額」の分類で作成されます。
そのため、クレジットカード決済や電子マネー決済などの決済手段ごとに細かく分類することはできません。
決済手段ごとに分類する場合は、手動で仕訳の行追加を行ってください。

【例】クレジットカード決済の売上は「現金その他支払合計額」に含まれる。

20210513_01

このページで、お客さまの疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客さまへ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客さまの疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。

  • 顧問税理士をお探しのかたへ

    マネーフォワード クラウド会計に詳しい税理士を無料でご紹介

    専門家にすべてをお任せ

    • マネーフォワード クラウド公認メンバーの中からお客さまに合った最適な税理士を無料でご紹介。記帳業務は専門家にお任せ!