総資本

Pocket

総資本とは、自己資本と他人資本を合計した総額のことである。自己資本とは純資産のことで、他人資本とは負債のことである。

総資本は総資産に対する概念であり、負債と純資産の総額を意味しており、貸借対照表の貸方の総額のことである。ちなみに貸借対照表を見ることで、会社がどのように資本を調達し、どのような運用しているかを知ることができるのである。借金を返済する必要のある資本調達の元であるため、他人資本という表現が用いられるのだ。

総資本と総資産の金額が等しい時にも、純資産と負債の合計で計算できるのである。このように総資本が総資産と同じであることがあるので、注意が必要である。会社が経営する上で必要となる総資産が大きいほど、会社の規模を判断する材料となるため、取引先から信用を得るために重要な要素となることがあるのだ。会社の成長率を高めるためにも、総資産をいかに調達し、どれだけ効率よく運用するかを検討する必要があるのだ。

<関連記事>
青色申告の控除の種類
【青色申告の書き方】必要書類の書き方について

会計ソフト乗り換えで、Amazonギフト券5万円分プレゼント!