マネーフォワード クラウド確定申告使い方ガイド

仕訳履歴保存機能の使い方

概要

このガイドでは、「仕訳履歴保存機能」の操作方法についてご説明します。

「仕訳履歴保存機能」では、仕訳や科目および部門について、登録・訂正・削除の履歴を確認できます。
これにより、帳簿(国税関係帳簿)の電子帳簿保存のうち、「優良電子帳簿」の要件である訂正・削除履歴の確保を満たすことが可能です。

対象ページ

対象のお客さま

マネーフォワード クラウド会計を「ビジネスプラン」でご利用中のお客さま
マネーフォワード クラウド確定申告をご利用中のお客さま

目次

事前設定

本機能を使用する場合は、会計年度ごとに事前設定が必要です。

1.各種設定>事業者画面を開きます。
2. 「仕訳履歴保存機能を利用する」にチェックを入れ、「設定を保存」をクリックします。
images_20211125_03

<ご注意>
訂正・削除履歴は期初から残す必要があるため、1件でも仕訳が登録されている場合は「保存する」にチェックを入れることができません。

仕訳の登録・訂正・削除履歴の確認方法

仕訳の登録・訂正履歴の確認方法

  1. 「会計帳簿」>「仕訳帳」画面を開きます。
  2. 履歴を確認する仕訳の三点リーダーをクリックします。
  3. images_20211125_04

  4. 「履歴」を選択します。
  5. images_20211125_05
    仕訳の登録履歴や訂正履歴が確認できます。
    images_20211128_01

仕訳の削除履歴の確認方法

  1. 「会計帳簿」>「仕訳帳」画面を開きます。
  2. 「削除済仕訳履歴」ボタンをクリックします。
  3. images_20211128_02
    削除された仕訳の一覧が確認できます。
    images_20211128_03
    なお、「詳細」ボタンをクリックすることで、仕訳の登録・訂正・削除履歴を確認できます。
    images_20211128_04
    images_20211128_05

勘定科目や補助科目の登録・訂正・削除履歴の確認方法

勘定科目や補助科目の登録・訂正・削除履歴をCSVファイルで出力することが可能です。

  1. 「各種設定」>「勘定科目」画面を開きます。
  2. 「履歴エクスポート」ボタンをクリックします。
  3. images_20211128_06

  4. 履歴をエクスポートする「勘定科目」または「補助科目」を選択します。
  5. images_20211128_07
    CSVファイルは自動でダウンロードされます。
    自動でダウンロードされない場合は、「ダウンロード」ボタンをクリックしてください。
    ※画像は「Google Chrome」の画面です。
    images_20211128_08

CSVファイルの各項目について(勘定科目)

項目列項目名項目の説明
A列操作日時操作を行った日時が新しい順に表示されます。
B列操作仕訳に対して行った操作の種類(登録・訂正・削除)が表示されます。
C列操作者操作を行ったユーザーのユーザー名が表示されます。
D列IDシステムによって自動的に割り当てられたIDが表示されます。
お客さまの任意のIDを設定することはできません。
E列決算区分該当の科目の決算区分が表示されます。

  • 「不動産所得」は個人事業者限定の設定です。「各種設定」>「事業者」画面の「申告区分(提出書類)」を「一般・不動産」もしくは「不動産」にした場合にのみ表示されます。
  • 「製造原価」は「各種設定」>「事業者」画面の「製造原価科目の利用」にチェックを入れた場合にのみ表示されます。
F列決算書科目名決算書科目名が表示されます。
G列勘定科目名勘定科目名が表示されます。

CSVファイルの各項目について(補助科目)

項目列項目名項目の説明
A列操作日時操作を行った日時が新しい順に表示されます。
B列操作仕訳に対して行った操作の種類(登録・訂正・削除)が表示されます。
C列操作者操作を行ったユーザーのユーザー名が表示されます。
D列IDシステムによって自動的に割り当てられたIDが表示されます。
お客さまの任意のIDを設定することはできません。
E列勘定科目名勘定科目名が表示されます。
F列補助科目名補助科目名が表示されます。

部門の登録・訂正・削除履歴の確認方法

部門の登録・訂正・削除履歴をCSVファイルで出力することが可能です。

  1. 「各種設定」>「部門」画面を開きます。
  2. 「履歴エクスポート」ボタンをクリックします。
  3. images_20211128_09
    CSVファイルは自動でダウンロードされます。
    自動でダウンロードされない場合は、「ダウンロード」ボタンをクリックしてください。
    ※画像は「Google Chrome」の画面です。
    images_20211128_10

部門のCSVファイルの各項目について

項目列項目名項目の説明
A列操作日時操作を行った日時が新しい順に表示されます。
B列操作仕訳に対して行った操作の種類(登録・訂正・削除)が表示されます。
C列操作者操作を行ったユーザーのユーザー名が表示されます。
D列IDシステムによって自動的に割り当てられたIDが表示されます。
お客さまの任意のIDを設定することはできません。
E列親部門名親部門名が表示されます。
F列部門名子部門名が表示されます。
    <ご注意>

  • 何も更新していない場合や、勘定科目の検索キーなどの履歴画面に表示されない項目のみを変更した場合は、操作履歴は表示されません。
  • 確認可能な履歴は、「各種設定」>「事業者」画面で「仕訳履歴保存機能を利用する」にチェックを入れたあとに行った登録・訂正・削除の操作履歴のみです。
  • 履歴情報は順次反映される仕組みです。反映されない場合は少し時間を置いてから再度ご確認ください。
更新日:2022年04月11日
このページで、お客さまの疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客さまへ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客さまの疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。

便利な使い方

マネーフォワード クラウドのチュートリアル

マネーフォワード クラウド確定申告は、チュートリアルに従いながら事業所の設定や金融機関とのデータ連携等、初期セットアップを行うことができます。「個人事業主の確定申告の流れ」からチュートリアルに進んでください。

チュートリアル画面を開く

※リンク先にはログインが必要です

よく見られているガイド