マネーフォワード クラウド請求書Plus 使い方ガイド

「消込」画面の操作方法

概要

このガイドでは、「消込」画面の操作方法についてご説明します。

ステータスが送付済みとなった請求書は、「消込」画面に表示されます。
「消込」画面では、請求(債権)データと入金データの消込操作を行うことができます。

対象ページ

対象のお客さま

「消込」の「編集」「CSVエクスポート」「消込処理の実行」「消込を未処理に戻す」権限にチェックが入っているロールをお持ちのお客さま
※チェックの有無により、操作できる範囲が異なります

目次

入金データの登録方法

消込操作を行う場合、事前に入金データを登録する必要があります。
入金データの登録方法には、画面上で登録する方法と、CSVインポートで登録する方法があります。

画面上で登録する方法

  1. 「消込」>「未処理」画面右上の「入金を追加」をクリックし、「直接入力」を選択します。
    設定
  2. 「入金日」「振込依頼人名」「取引先」「残高」を入力して「追加」をクリックします。
    「振込依頼人名」と「取引先」は必ずいずれかを入力してください。
    「振込依頼人名」を登録すると、「振込依頼人名」をもとに請求(債権)データと入金データを連続で消し込むことが可能となります。
    設定
  3. 「入金」に追加した入金データが表示されたことを確認します。
    設定

CSVインポートで登録する方法

  1. 「消込」>「未処理」画面右上の「入金を追加」をクリックし、「CSVインポート」を選択します。
    設定
  2. CSVファイルテンプレートをダウンロードします。
    Windowsを使用している場合は「Shift-JISでダウンロード」を、Macを使用している場合は「UTF-8でダウンロード」を選択してください。
    設定
  3. ダウンロードしたCSVファイルテンプレートに「入金日」「振込依頼人名」「取引先」「残高」を入力し、保存します。
    「振込依頼人名」と「取引先」は必ずいずれかを入力してください。
    「振込依頼人名」を登録すると、「振込依頼人名」をもとに請求(債権)データと入金データを連続で消し込むことが可能となります。
    設定
  4. 再度「消込」画面右上の「入金を追加」をクリックし、「CSVインポート」を選択します。
  5. 「入金を追加 CSVインポート」画面で指定されている範囲にファイルをドロップするか、「ファイルを選択」をクリックしてCSVファイルテンプレートをインポートします。
    設定
  6. インポートが完了し、追加した入金データが「入金」に表示されたことを確認します。
    設定

請求(債権)データと入金データの消込方法

「消込」>「未処理」画面では、請求(債権)データと入金データの紐づけを行い、消し込むことができます。
また、請求(債権)データと入金データの両方に「振込依頼人名」を登録すると、「請求自動選択」機能の利用が可能です。
「振込依頼人名」が登録されていない場合は、「請求自動選択」機能をオフにした状態で消し込みを行ってください。

<ご注意>
「消込」>「未処理」画面には、「送付済」ステータスとなった請求書のデータが表示されます。
「請求」画面に消込を行う請求(債権)データが表示されない場合は、該当の請求書が「送付済」になっているかをご確認ください。

「請求自動選択」機能を利用せず消し込む方法

  1. 「消込」>「未処理」画面左側の「請求」にてデータ一覧の左上にある「請求自動選択」がオフになっていることを確認します。
    設定
  2. 画面右側の「入金」にて、消込を行う入金データを選択します。
    「選択を解除」をクリックすると、選択を外すことができます。
    設定
  3. 左側の「請求」にて、手順2で選択したデータに対応する請求(債権)データを選択します。
    「選択を解除」をクリックすると、選択を外すことができます。
    設定
  4. 「処理」ボタンをクリックし、消込操作を完了します。
    債権(請求)データと入金データに差額がある場合はこちらをご覧ください。
    設定
  5. 一連の操作を行うことで、手順2で選択した入金データに設定されていた「振込依頼人名」が、手順3で選択した請求(債権)データの「請求先」の詳細画面にある「振込依頼人名」に自動登録されます。
    次回以降はこちらに記載の手順で消込が行えます。

「請求自動選択」機能を利用して消し込む方法

  1. 「消込」>「未処理」画面左側の「請求」にて、データ一覧の左上にある「請求自動選択」がオンになっていることを確認します。
    設定
  2. 画面右側の「入金」にて、消込を行う入金データを選択します。
    設定
  3. 画面左側の「請求」の「振込依頼人名」に手順1で選択した入金データの「振込依頼人名」が自動で設定され、対応する請求(債権)データが自動選択されます。
    自動で選択されたデータが正しいものであるかを確認してください。
    ※請求先に振込依頼人が複数登録されている場合、画面上に名称が表示されない場合があります。
    設定
  4. 正しいデータを選択して「処理」ボタンをクリックし、消込操作を完了します。
    債権(請求)データと入金データに差額がある場合はこちらをご覧ください。
    同じ「振込依頼人名」の入金データがある場合、消し込みが完了すると次の入金データが自動で選択され、消込操作を続けることができます。
    設定
  • 振込依頼人名の自動学習機能について
    手順3で自動選択された請求(債権)データと異なるデータを選択し、その請求(債権)データの「振込依頼人名」が異なる場合や空欄の場合は、入金データ側の振込依頼人名が「請求先」の各請求先の詳細画面にある「振込依頼人名」に自動で追加されます。

債権データと入金データを個別に消し込む方法

  1. 「消込」>「未処理」画面左側の「請求」にて、消込を行う請求(債権)データを選択します。
    設定
  2. 右側に表示されている「入金」にて、「請求」で選択したデータに対応する入金データを選択します。
    設定
  3. 「処理」をクリックし、消込操作を完了します。
    債権(請求)データと入金データに差額がある場合はこちらをご覧ください。
    設定

債権(請求)データと入金データに差額がある場合の消込方法

債権(請求)データと入金データに差額がある場合は、「残高として残す」か「科目をつける」かのいずれかを選択して登録します。
「差額処理」のプルダウンから選択してください。

設定

各選択肢の違いは以下のとおりです。

項目備考
残高として残す差額分を残高として残します。「請求額>入金額」の場合は「請求」に残高が残ります。「請求額<入金額」の場合は「入金」に残高が残ります。
科目をつける消込後に作成される仕訳において、差額分に割り当てる科目をプルダウンから選択できます。
【例】債権が10,000円、入金データが9,560円の場合に「支払手数料」を指定すると、差額440円分は「支払手数料」が割り当てられます。

消込処理が完了すると、自動で消込仕訳が作成されます。
作成された消込仕訳の登録方法は、こちらを参照してください。

債権・入金単体の処理方法

債権と入金の処理をそれぞれ単体で行うことができます。

債権だけの処理

    貸し倒れなどのケースを想定しています。
    「請求」で該当の請求データにチェックを入れ、「差額処理」のプルダウンから科目を選択して「処理」をクリックしてください。
    設定

    入金だけの処理

    使途不明の入金などのケースを想定しています。
    「入金」で該当の入金データにチェックを入れ、「差額処理」のプルダウンから「対象外とする」または科目を選択して「処理」をクリックしてください。
    設定

「処理済」画面の使い方

消込を行ったデータの詳細を確認する方法

消込処理が完了すると、「消込」>「処理済」画面に表示されます。
「処理済」画面でデータをクリックすると詳細画面が表示され、請求書情報や入金データ・仕訳データ・操作履歴が確認できます。

設定

未処理に戻す方法

詳細画面右上の「未処理に戻す」をクリックすると、「未処理」画面に戻すことができます。
設定

補足事項

消込操作によって作成される仕訳については、以下ガイドもあわせてご確認ください。
マネーフォワード クラウド請求書Plusではどのような仕訳が作成されますか。

更新日:2022年08月26日
このページで、お客さまの疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客さまへ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客さまの疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。

よく見られているガイド

よく検索されるキーワード: