マネーフォワード クラウド会計 使い方ガイド

「連携データの選択」の使い方

機能説明

連携データは、オーナー権限を持つユーザーアカウント(メールアドレス)に紐つきます。
マネーフォワード クラウドで作成した事業者にとって不要な連携データはこちらの機能で使用/不使用を選択していただけます。

例えば、同一のユーザーアカウントで自動家計簿・資産管理サービス「マネーフォワードME」を利用している場合や、複数の事業者を一つのユーザーアカウントで管理している場合、「マネーフォワードME」や他事業者で連携している金融機関・口座が表示されることがあります。
A事業者では取り込みたいがB事業者では取り込みたくない口座が表示されてしまっている場合に、この「連携データの選択」機能をご活用ください。

対象ユーザー

マネーフォワード クラウド会計・確定申告をご利用中の方

対象ページ

データ連携>登録済一覧>連携データの選択
連携サービスから入力(取り込まれた明細は、こちらで仕訳として登録します。)

使用方法

1.「連携データの選択」を表示

画面左側、「データ連携」のプルダウンメニューから「登録済一覧」を選択し連携データの選択タブをクリックします。

2.連携サービスの使用/不使用を選択

チェックボックスにチェックを入れて[保存する]をクリックするとご利用中の事業者で該当の連携サービスの明細を使用することができます。
不使用にする場合はチェックを外して[保存する]をクリックしてください。

group_02

このページで、お客さまの疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客さまへ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客さまの疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。

よく見られているガイド

  • 顧問税理士をお探しのかたへ

    マネーフォワード クラウド会計に詳しい税理士を無料でご紹介

    専門家にすべてをお任せ

    • マネーフォワード クラウド公認メンバーの中からお客さまに合った最適な税理士を無料でご紹介。記帳業務は専門家にお任せ!