第三回 開業時や導入時の開始残高入力(MFクラウド確定申告コラム)

いつも、MFクラウド確定申告をご利用いただきありがとうございます。
MFクラウドコンタクトセンターの竹下です。

当コラムでは、これから数回に分けて確定申告をMFクラウド確定申告で終えるまでの流れやポイントについて書いていきます。
今回は、開始残高と開業費についてです。

なお、既にMFクラウドを使用していて次年度の仕訳入力を行いたい場合には、次年度繰越をご利用ください。
第二回次年度の仕訳を並行して入力しよう(MFクラウド確定申告コラム)

開始残高の説明

開始残高とは

開始残高とは、年度の開始時点の資産や負債の残高を記載する箇所です。年度は個人事業主の場合1月1日から12月31日なので、年初時点の資産や負債がいくらだったかを記載するページというイメージとなります。

今年度に開業した人の場合には、開業日時点の状況を入力します。それ以前の開業準備に使用した経費は「開業費」として計上します。

開始残高を入力し、期首時点でいくら持っているかを帳簿に記載することで、帳簿の金額と実際の残高が合うようになります。例えば10万円の現金を持っていると開始残高に記載しておくことで、5万円を経費に使った仕訳を入力すると残高が5万円となり、実際の財布の中身と一致します。

「開始残高の登録」機能の使い方(使い方ガイド)

開始残高のルール

開始残高は左右同額

会計のルール上、開始残高の金額は左右同額となります。
画面最下部に合計金額が記載されるので、参考としてください。

左右のどの項目に金額を入れるか

簡単に説明すると、左側の(資産の部)は、期首日(開業日)時点でどのくらいの金額をどのように持っているかを入力する項目です。
例えば、100万円をマネフォ銀行の口座に持っている場合には、勘定科目「普通預金」に100万円と入力し、補助科目「マネフォ銀行」にも、同じように100万円と入力します。

そして右側は、左側の資産をどのような理由で持っているかを入力します。
例えば、銀行から資金を借り入れている場合には勘定科目「長期借入金(借入金)」になりますし、昨年度の売上が繰り越された場合や、事業主が自らの資産から事業用資金を出した場合には勘定科目「元入金」を使用します。

個人事業主の場合には自分の資産を事業用として割り当てている場合が多いと思います。
そのような場合には「元入金」に入力します。

また、銀行や政策金融公庫からお金を借り事業用資金にあてている場合には、借入期間に応じ「長期借入金」や、「借入金」に入力します。
※「短期借入金」は、MFクラウド確定申告の標準設定では「借入金」で登録されています

長期借入金(会計用語集)
短期借入金(会計用語集)

入力したい項目がない場合には

入力したい勘定科目や補助科目がない場合には、勘定科目の設定ページの貸借対照表タブで科目を作成することで、使用可能になります。

事業主貸や事業主借の入力方法

昨年度の決算書を参照しながら開始残高を入力する場合、事業主貸と事業主借は元入金に組み入れます。

具体的には、下記の計算式です。

「元入金」+「青色申告特別控除前の所得金額」+「事業主借」−「事業主貸」=元入金
(「青色申告特別控除前の所得金額」「事業主借」「事業主貸」は、別途入力する必要はありません。)

補助科目の入力方法

例えば普通預金が100万円あり、マネフォ銀行に50万円、エムエフ銀行に50万円ある場合には、勘定科目「普通預金」に100万円といれ、補助科目マネフォ銀行とエムエフ銀行にそれぞれ50万円ずつ入力します。

column302

個別事例

今年開業の場合

状況

・今年開業で、自己資金から100万円、マネフォ銀行から100万円を借り入れ開業(1年以上の期間で返済予定)。
・手元に現金が100万円、マネフォ銀行の口座に100万円がある。
・また、開業日までに30万円ほどチラシの印刷代やオフィス契約のための費用、オフィス用品などを購入し、自己資金から別途、支出している。

入力例

開始残高ページの「資産の部」にある現金に100万円、普通預金に100万円と入れ、普通預金の補助科目「マネフォ銀行」にも100万円と入力します。

そして、負債の部に長期借入金に100万円と入力します。

また、開業費として30万円を計上します。

100万円の自己資金と、30万円分の機材を個人資産から支出しているため、元入金の欄に130万円を入力します。
そうすると、下記の画像のようになります。

column303

また、開業費を繰延資産として計上するため、固定資産台帳に登録します。
開業費は任意償却が可能ですので、下記のように償却方法に任意償却を選びます。

仮に今年は10万円を償却する(経費として計上する)とし、10万円を今期償却額に入力しました。

column304

減価償却の仕訳は下記のようになります。

column305

青色申告決算書では、このように表示され、開業費が10万円減っていることがわかります。

column306

ポイント

開業日以前の仕訳は、MFクラウド確定申告には登録せず、Excelなどで管理してください。
開業日が会計期間中であっても、個人事業主の場合には期首日は1月1日で差し支えありません。

今年からMFクラウド確定申告を使い始める場合

状況

今年度からMFクラウド確定申告を導入予定、税務署に去年提出した決算書があり、期末時点の残高に以下のように記載がある場合

現金 100万円
普通預金 700万円
事業主貸 600万円

借入金 400万円
事業主借 300万円
元入金 600万円
青色申告特別控除前の所得金額 100万円

以下のような決算書をお持ちであるという想定です。

青色申告決算書
column307

入力例

「元入金」+「青色申告特別控除前の所得金額」+「事業主借」−「事業主貸」=元入金
6,000,000 + 1,000,000 + 3,000,000 – 6,000,000 = 4,000,000
⇒元入金の箇所に400万円を入力します。

入力例は下記のようになります。

開始残高
column308

留意点

MFクラウドコンタクトセンターは、MFクラウドの操作についてご案内を行なっておりますが、勘定科目の選択や税務会計上の知識についてはご案内を行なっておりません。具体的には以下の内容についてはご案内を行なっておりません。

・「この会計処理や仕訳方法は正しいですか?」といった経理相談
・「この収入は申告が必要ですか?」といった税務相談

税務会計上の知識についてご不明点がある場合には、お手数ではございますが、税務署や会計事務所など各専門機関にご確認をお願いします。

MFクラウド確定申告コラム

MFクラウド確定申告コラムページ
コラム形式で、MFクラウド確定申告の使い方のコツや入力例を案内しています。