販売費管理表テンプレート|経費精算システム「MFクラウド経費」

  1. テンプレート集
  2. 販売費管理表テンプレート

販売費管理表テンプレート

販売費管理表とは

販売費管理表とは一般的に多い表記で、販売費及び一般管理費表ともいいます。

商品の販売に関連して発生する(売上原価や財やサービスを生み出す為に直接要した費用以外の)費用で、利益を生み出す活動に使われた出費のこと、売上高の規模にかかわらず一定でかかってしまう出費の事を販売費と呼びます。会社の商品や製品の販売業務、一般管理業務に付随して発生したあらゆる出費の事を指し、販管費、営業経費、営業費とも呼ばれています。また会社がその事業を通して商品を販売するにあたって実際にかかった費用である「販売費」と、財やサービスを生み出す為に実際かかった出費ではないものの、会社と事業を運営するために必要なお金である「一般管理費」の2つに分けることができます。

販売費管理表は、営業利益を算出する際に必要となる表ですが、損益計算書などにそのまま含まれて記載されている場合もあります。販売費用の例えとしては、販売手数料、荷造の送量、配達費、運搬費、広告宣伝費、見本料、保管料、従業員の給与、交際費、旅費、光熱費などが「販売費」及び「一般管理費」として挙げられます。

簡単な例として、「消しゴム」は販売目的なら原価になりますが、社員が自身の業務をこなす中で使用する場合は通常業務での使用と見なされ、販売費になる場合があります。一般的には上記の内容の費用が販売費及び一般管理費となりますが、企業の方針によって多少変わってくることもあります。またここでは一般管理費と販売費を別々に区別していますが、場合によっては分けられない業種や企業もあります。

また販売費及び一般管理費が一定であれば、粗利益(売上高から売上原価を差し引いた金額)が大きいほど営業利益も大きくなります。また差し引いた金額がマイナスになってしまうと、営業利益がでておらず、営業損失ということになります。

*営業利益計算式
(営業利益=売上総利益(粗利益)-販売費及び一般管理費)

販売費管理表(販売費及び一般管理費)の書き方

タイトル:(例:販売管理表、販管費表、営業経費、販売費及び一般管理費など)

1. 日付(例:2016年○月または平成28年○月)
どの月に、どの科目に、どれだけの費用がかかるか、等が非常に分かりやすいため、日付に関しては月毎に管理されるパターンが最も一般的です。しかし企業の書類の記載の仕方によって変わってくることもあるため、必ず確認しましょう。(西暦、和暦を統一する事によって管理しやすく、見やすくなります。)

2. 科目(例:販売手数料、荷造発送費、配達費、運搬費、広告宣伝費、見本費、保管費、販売員の給与、交際費、旅費、光熱費、雑費、通信費、イベント費、サービス費、その他等)
表の左に科目を記載します。主に固定的にかかる費用を科目として挙げます。細かな詳細の科目があった方がよりわかりやすい形になりますが、科目は企業によって決まっていることが多い為、必ず確認して下さい。販売費ではあるがどの費用の部分のものかわからないもの、またはどの費用にも入らないものはその他で表記します。損益計算書などでまとめて一括の金額としてまとめられる場合もあります。また販売費と一般管理費で分けている企業もある為、こちらも実際に記入する際は確認して下さい。

3. 金額(例:荷造発送費 6,985)
表の右に科目ごとにかかる費用を科目の横に記載します。表の上部などに単位を表記しましょう。(単位:千円)が主に多い単位です。損益計算書等で一括記載の場合は合計金額のみ記載します。金額は入力の際に特に間違いやすいので注意しましょう。

4. 合計金額(例:合計 135,456)
すべての金額を合計した金額を表の下記に記載します。(Excel等で金額の合計をオート計算(SUM)にすることが一番早く、尚且つ間違いが少ない方法です。)