その他利益剰余金

Pocket

その他利益剰余金とは、貸借対照表において利益剰余金に分類される資産の一種であり、自己資本のうち、利益を発生源として生じた剰余金のことである。

事業活動によって得た利益は毎年度積み重なって企業内に蓄積していくが、会計上の「その他利益剰余金」は、すべての利益剰余金の中から会社法によって積み立てを義務づけられている「利益準備金」を除いた部分をいう。

その他利益剰余金はさらに「任意積立金」および「繰越利益剰余金」の2つに分類することができ、任意積立金というのは、利益準備金とは別に企業が自主的に積み立ててきた資産のことであり、予期せぬ損失に備えて留保されている利益のことである。

もう一方の繰越利益剰余金は、前期決算で処理されなかった繰越利益と積立金からの取り崩し額を当期純利益に加算したものであり、決算日時点では企業内に留保されている利益のことである。

繰越利益剰余金の処分については、株主総会などでの承認を待って、配当として分配されるか利益準備金・任意積立金として社内に留保されるかが決定される。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。