会計ビッグバン

Pocket

会計ビッグバンとは、現代社会の国際化に伴ない、企業会計の管理方法を世界基準に合わせようとする改革のことである。

会計ビッグバンは、 1990年代の後半から行なわれた会計制度の改革のことであり、日本の会計制度をグローバル化させようとする一連の動きのことである。

企業が海外の会社と取引を行なったり、国際金融市場で資金調達を行なう際にも、世界的に通用する財務表を作成する必要がある。

そのため、1970年代から国際会計基準委員会が設けられ、国際会計基準が規定された。

2000年代に入ってからは、国際会計基準審議会により国際財務報告基準が規定され、企業会計の管理方法がよりグローバル化している。

こうした会計改革により、決算重視の会計基準や税効果会計の適用などが規定されるようになった。

会計ビッグバンが日本企業の海外事業拡大を後押ししており、経済活動がさらにグローバル化して、ますます多くの投資資金が国境を越えている。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。