備品消耗品費

Pocket

備品消耗品費とは、会社の営業活動に使用される消耗品のうち、耐用年数が 1年未満あるいは金額の面で固定資産として扱うほどではない、工具や器具、機械や車両などの備品消耗品を購入するための費用である。

備品消耗品費は、会社の営業活動に必要とされる事務用品や工具器具備品、車両運搬具などの消耗品や少額減価償却資産のうち、耐用年数が1年未満あるいは購入金額が10万円未満の備品消耗品に要する経費のことである。

これらの経費は、備品消耗品費の勘定項目で管理することができる。こうした経常的に必要となる備品消耗品を区分して計上することで、多額を要する固定資産と分けて管理することが可能である。

備品消耗品の購入価格が10万円以上のものや、耐用年数が1年以上ある消耗品に関しては、有形固定資産として分類され、減価償却の会計処理が必要になる。

そのため会社が大量に備品消耗品を購入する場合には、固定資産か備品消耗品費として扱うかを計算して管理する必要がある。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。