マネーフォワード クラウド固定資産使い方ガイド

マネーフォワード クラウド会計Plusとの仕訳連携方法について

概要

このガイドでは、「マネーフォワード クラウド会計Plus」へ仕訳データを連携する方法についてご説明します。

対象ページ

対象のお客さま

マネーフォワード クラウド固定資産を「経理担当者」権限でご利用中のお客さま

目次

事前準備

「マネーフォワード クラウド会計Plus」に仕訳データを連携するにあたっては、事前に設定を行う必要があります。

権限の確認

クラウド会計Plusに仕訳を送信するためには、「会計Plusに仕訳送信」の「実行」が有効となっているロールが付与されている必要があります。
クラウド固定資産の「設定」>「ロール」画面で、操作するユーザーに付与されているロールに「月次処理」の「会計Plusに仕訳送信」が設定されているかを確認してください。

送信する仕訳のステータス設定

クラウド会計Plusへ送信する仕訳のステータスを設定します。

  1. マネーフォワード クラウド固定資産の「設定」>「自動仕訳」画面で「編集」ボタンをクリックします。
  2. 「クラウド会計Plusに仕訳送信時の承認設定」のプルダウンで、クラウド会計Plusに「未申請」の仕訳として送信するか、「承認済」の仕訳として送信するかを選択し、「保存」ボタンをクリックします。

仕訳の送信

マネーフォワード クラウド固定資産の「月次締め」画面で、「マネーフォワード クラウド会計Plus」への仕訳送信を行います。

  1. 「月次締め」画面で「仕訳」の「確認」をクリックします。
  2. ●●年度●●月度の仕訳一覧」画面が表示されます。
    表示されている仕訳の内容を確認し、右上の「会計Plusに仕訳を送信」ボタンをクリックします。
  3. 「クラウド会計Plusに仕訳を送りますか?」という画面が表示されます。
    承認ステータスが「設定」>「自動仕訳」画面で設定した「未申請」もしくは「承認済」と一致しているかなどを確認し、問題がなければ「会計Plusに仕訳を送信」ボタンをクリックします。
  4. 「クラウド会計Plusに仕訳を送信しました」というメッセージが表示されたことをかくにんします。
  5. 送信された仕訳は、「設定」>「自動仕訳」画面で設定した承認ステータスによって、クラウド会計Plusで表示される画面が異なります。
    設定しているステータスに応じて、以下の画面を確認してください。

    • 「未申請」ステータス:送信した仕訳が登録済み(未申請)の状態でクラウド会計Plusの「仕訳申請」>「連携仕訳一覧」画面に表示される。
    • 「承認済」ステータス:送信した仕訳が承認済みの状態でクラウド会計Plusの「帳票」>「仕訳帳」画面に表示される。

    ※以下の画像は「未申請」ステータスで送信した仕訳が、クラウド会計Plusの「連携仕訳一覧」画面に表示されている状態です。

更新日:2022年10月21日
このページで、お客さまの疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客さまへ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客さまの疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。

よく検索されるキーワード: