マネーフォワード クラウドBox使い方ガイド

電子帳簿保存法への対応について

概要

このガイドでは、マネーフォワード クラウドBoxの「電子帳簿保存法への対応」についてご説明します。

対象のお客さま

マネーフォワード クラウドBoxをご利用中のお客さま

目次

電子帳簿保存法の概要

電子帳簿保存法の詳細につきましては、電子帳簿保存法の概要 | 国税庁をご確認ください。

対応している電子帳簿保存法の区分

電子帳簿保存法の区分対応可否
電子帳簿等保存(電磁的記録等による保存)
スキャナ保存
電子取引
「電子帳簿等保存(電磁的記録等による保存)」と「スキャナ保存」区分には、マネーフォワード クラウドの他サービスを利用することで対応できます。
詳しくはこちらの表、およびサポートサイトで他サービスがご用意している電子帳簿保存法に関するガイドをご確認ください。

対応している帳簿書類

帳簿書類の種類対応可否
国税関係帳簿(仕訳帳や元帳等)
国税関係書類>決算関係書類(貸借対照表等)
国税関係書類>取引関係書類(請求書や領収書等)
国税関係書類以外の書類(電子で授受した請求書や領収書等)
お手元の書類・電子ファイルが上記のどの種類に該当するかは、お近くの税務署などの専門機関にご確認ください。

「電子取引区分」要件への対応

「電子取引区分」の要件一覧
可視性の要件①保存場所に、電子計算機(パソコン等)、プログラム、ディスプレイ、プリンタおよびこれらの操作マニュアルを備え付け、画面・書面に整然とした形式および明瞭な状態で速やかに出力できるようにしておくこと
可視性の要件②電子計算機処理システムの概要書を備え付けること
可視性の要件③検索機能を確保すること
真実性の要件
※次のいずれかの措置を行うこと
① タイムスタンプが付されたあと、取引情報の授受を行う
② 取引情報の授受後、速やかに(またはその業務の処理にかかる通常の期間を経過したあと、速やかに)タイムスタンプを付すとともに、保存を行う者または監督者に関する情報を確認できるようにしておく
③ 記録事項の訂正・削除を行った場合に、これらの事実および内容を確認できるシステムまたは記録事項の訂正・削除を行うことができないシステムで取引情報の授受および保存を行う
④ 正当な理由がない訂正・削除の防止に関する事務処理規程を定め、その規程に沿った運用を行う

可視性の要件①(見読可能性の確保)

電子計算機(パソコン)やディスプレイ、プリンタおよびこれらの操作マニュアルなどについては、お客さまご自身でご用意いただく必要がございます。
詳細につきましては、お近くの税務署などの専門機関にご相談ください。

参考:電子帳簿保存法が改正されました | 国税庁

可視性の要件②(関係書類等の備付け)

システム概要書、システム仕様書、操作説明書については、マネーフォワード クラウドの各サービスごとにサポートページをご用意しているため、お客さまによるご対応は不要です。

マネーフォワード クラウドBoxサポートページ

参考:

可視性の要件③(検索機能の確保)

マネーフォワード クラウドBoxの「ファイル」画面では、以下すべての方法で検索が可能です。

①取引年月日やその他の日付、取引金額および取引先を検索の条件として設定することができること
②日付または金額に係る記録項目については、その範囲を指定して条件を設定することができること
③2以上の任意の記録項目を組み合わせて条件を設定することができること

なお、税務職員によるダウンロードの求めに応じることができるようにしている場合、②③への対応は不要です。
また、売上高1,000万円以下の小規模事業者であり、かつ税務職員によるダウンロードの求めに応じることができるようにしている場合は、検索機能そのものが不要となります。

参考:

真実性の要件

クラウドBoxでは、「アップロード」機能を利用することで、ファイルの保存時にタイムスタンプが付与される仕組みです。
これにより、「真実性の要件」について、以下の②に対応しています。

① タイムスタンプが付されたあと、取引情報の授受を行う
②取引情報の授受後、速やかに(またはその業務の処理にかかる通常の期間を経過したあと、速やかに)タイムスタンプを付すとともに、保存を行う者または監督者に関する情報を確認できるようにしておく
③ 記録事項の訂正・削除を行った場合に、これらの事実および内容を確認できるシステムまたは記録事項の訂正・削除を行うことができないシステムで取引情報の授受および保存を行う
④ 正当な理由がない訂正・削除の防止に関する事務処理規程を定め、その規程に沿った運用を行う

なお、ファイル受領後からクラウドBoxへのアップロード(タイムスタンプの付与)までは「速やか(概ね7営業日以内)」に行う必要がありますが、アップロード機能の仕組みにより①③④への対応は不要となります。

<ご注意>
ファイル受領後からクラウドBoxへのアップロード(タイムスタンプの付与)までの期間を延長する場合は、事務処理規程を定める必要があります。
詳細は、次項の「タイムスタンプ付与の期間延長について」をご確認ください。

参考:

タイムスタンプ付与の期間延長について

タイムスタンプの付与には期間制限があるため概ね7営業日以内での対応が必要ですが、「各事務の処理に関する規程」を定めることで最長2ヶ月+概ね7営業日以内に延長できます。

各事務の処理に関する規程は、こちらを参考に作成してください。
※「こちら」をクリックすると、Wordファイルが保存されます。

【参考】

更新日:2022年03月16日
このページで、お客さまの疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客さまへ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客さまの疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。

よく見られているガイド

よく検索されるキーワード: