「書類データ化」機能の使い方

機能説明

「書類データ化」機能は、紙の領収書や通帳の明細の入力を依頼する機能です。
ネットバンキングに対応している口座については、データ連携で取り込みが行えますが、データ連携に対応していない口座や、領収書などの取り込みを「書類データ化」で依頼し、データとして反映させることで、より事務の効率化が可能になります。

対象ユーザー

MFクラウド会計・確定申告をご利用中で、会計事務所経由で書類データ化の機能が利用可能な事業所

対象ページ

書類データ化
連携サービスから入力

使用ポイント

「書類データ化」からの流れ

「書類データ化」で作成された明細は、直接仕訳としては登録されず、データ連携と同じように、「連携サービスから入力」のページに保存されます。
「連携サービスから入力」のページで勘定科目を選択し仕訳の登録を行ってください。

アップロード可能なファイル

一般的な画像ファイルと、PDFファイルがアップロード可能です。PDFファイルは複数ページのものも取り込め、1ページごとにご料金がかかります。

使用方法

1.申請までの流れ

(1)ページの場所

「書類データ化」をクリックし、ページを表示させてください。

image_20170619_7_edit

(2)管理用名称の登録

まず最初に、上部のタブから通帳の明細やカードの明細、領収書から入力する項目を選び、「管理用名称」の箇所にデータを登録する先の口座名を入力します。こちらは管理用ですので、名称は任意のもので構いません。

image_20170619_8

(3)書類の登録

管理用名称の登録が完了したら、書類データのアップロードを行ってください。アップロード方法は2通りあり、PC内の書類をアップロードする方法と、MFクラウドストレージ内に格納されている書類をアップロードする方法のどちらかをご選択ください。

image_20170619_9

MFクラウドストレージ

2.アップロードの確認

「依頼履歴」のタブをクリックすると、依頼された履歴をご覧いただけます。書類をデータ化するオペレーターが入力を開始する前であればこちらのページで依頼のキャンセルも可能です。

image_20170619_13

(1)…依頼日やファイル名、ステータスなどで依頼されたファイルを検索することができます。

(2)…ページの切り替えが可能です(50件以上データがある場合に表示されます)

(3)…依頼されたファイルのステータスを確認することができます。

(4)…依頼されたファイルのプレビューを確認することができます。

(5)…依頼されたファイルのキャンセルを行えます。

3.アップロード後

アップロード後は、連携サービスから入力ページで、データ連携で取り込まれたファイルと同じように仕訳登録を行っていきます。
また、管理用名称の管理は、登録済一覧から可能です。