「メンバー追加・管理設定」機能の使い方

機能説明

メンバーの管理とは

MFクラウド会計・確定申告では、各事業所の帳簿を参照するメンバーを追加することができます。
設定を行うことで、複数人で同時に帳簿の閲覧や仕訳の登録が可能となります。

想定される状況

MFクラウドでは、同じ事業所に対して、複数ユーザーで入力やデータの確認をすることができます。
例えば、社内のメンバーや、外部のパートナー(税理士先生など)とデータの共有をすることができます。
また、それぞれのメンバーには、権限の設定が可能です。
経営者の方には、すべてをコントロールできる管理者権限を、経理担当の方には、入力権限だけを付与したり、税理士先生には、閲覧権限のみを付与し、アドバイスをいただくような設定ができます。

対象ユーザー

MFクラウド会計・確定申告ユーザー

対象ページ

メンバー追加・管理

使用ポイント

オーナー権限について

オーナー権限とは

MFクラウド会計・確定申告では、「オーナー」という概念があります。オーナーは、ひとつの事業所に一人のみが存在します。

オーナーのみ可能な設定

オーナーには、オーナーしかできない設定があります。
(1)事業所の削除
(2)データ連携に関する設定全般
(3)明細の再取得処理
(4)電子証明書連携ソフトを使った明細の取得

データ連携の紐付け

MFクラウド会計では、連携している金融機関を、事業所のオーナーごとに管理しています。
そのため、オーナー権限を譲渡すると、新しいオーナーの登録金融機関を参照するようになります。そのため、必要に応じ金融機関の再登録が必要です。
また、自動仕訳ルールも新規設定が必要となります。

使用方法

右上のメニューのなかの「メンバー追加・管理」ボタンを選択してください。

office_members01.png

メンバーの追加

追加する事業所が正しいことを確認し、メールアドレス、ユーザー名(表示名)、権限を選択して、「登録」ボタンを教えてください。

office_members02.png

メンバーが作成されました。

office_members03.png

2.メンバーの管理

メンバー一覧の中に、現在事業所が参照できるメンバーが表示されています。

office_members04.png

各項目の説明

メールアドレス

登録されているメールアドレスです。

ユーザー名

登録されているユーザー名です。

権限

それぞれのメンバーの権限です。編集ボタンから編集が可能です。オーナー権限は1事業所に1人のみです。

クレジットカード課金登録者

該当の事業所の支払をどのアカウントのユーザーが行っているかが示されています。

登録日時

登録日時です。

編集ボタン

権限の変更やオーナー権限の譲渡の際にお選びください。

ゴミ箱ボタン

ゴミ箱ボタンを押すことで、該当のメンバーの削除が可能です。

3.オーナー権限の譲渡

(1)オーナー権限の委譲

オーナー権限でログインし、編集ボタンで変更したい方の権限をオーナーに変更します。
office_members05.png

(2)オーナー権限が変更できない場合には

オーナー権限の変更ができない場合、以下の確認をお願いします。
(1)オーナー権限でログインをおこなっていること
(2)オーナー権限を譲られる側のメール認証が済んでいること
(3)オーナー権限を譲られる側がMFクラウド会計にログインしたことがあること

(3)オーナー権限変更時の注意事項

サービスの連携

サービスの連携については、オーナーアカウントごとに紐付いています。
そのため、オーナー権限を委譲すると、新オーナーのアカウントに登録されたサービス連携情報が参照され、現在のサービス連携情報は引き継がれません。
必要に応じて新たに登録をやり直してください。

なお、オーナー権限をもとに戻していただければ、再び今までの権限が利用できます。
連携データの選択で、必要な連携データにチェックを入れてください。

電子証明書連携ソフトの紐付け解除

電子証明書連携ソフトについては、1つのPCに対し1つのアカウントが紐付けられます。
そのため、オーナー権限移行前に、電子証明書連携ソフトページで、登録の解除を行ってください。
もし登録の解除をおこなう前にオーナー権限の委譲を行った場合には、下記のFAQをもとに、紐付けの解除を行ってください。

Q.異なるユーザーアカウントの電子証明書方式の口座を取得する方法

4.各権限の一覧

office_members066.png