各仕訳へのファイル添付方法について

概要

仕訳帳入力にて、仕訳の元となった証憑などのデータを登録することが可能です。

活用例

  • 経理担当者が仕訳を入力するとき、あらかじめ登録した仕訳の証憑を画面に表示しながら入力ができる
  • 経理担当者や専門家が仕訳の妥当性を確認する際、仕訳帳入力の画面で証憑と仕訳が一緒に確認できる

対象ページ

メニュー>手動で仕訳>仕訳帳入力
メニュー>その他業務>MFクラウドストレージ

ご利用方法

1.ファイルの登録・確認方法

(1)ファイルの登録

メニュー>その他業務>MFクラウドストレージを開き、ファイルを登録します。

「ファイルを選択」ボタンよりファイルを選択してください。

ドラッグアンドドロップで登録することも可能です。

ファイル登録後、「アップロード」ボタンを押してください。

また、下記の動画のように複数のファイルをまとめて登録することも可能です。

(2)ファイルの紐付け

登録が終わりましたら、メニュー>手動で仕訳>仕訳帳入力の画面でファイルと仕訳の紐付けを行います。
紐付けを行いたい仕訳の右側のクリップをクリックします。キーショートカット(Shift+Space)で開くことも可能です。

(3)ファイルの選択

ファイルを選択します。紐付けたいファイルの脇の「添付」ボタンを押してください。この画面からのファイルの新規登録も可能です、またファイル名の検索も可能です。

ファイルが添付されました。

ファイルが結びついてる仕訳のクリップマークは青く表示されます、
クリップをクリックすることでファイルの確認が可能です。



(4)MFクラウドストレージ画面

MFクラウドストレージの画面からも、クリップにマウスを合わせるとファイルがどの仕訳に紐付いているかの確認が可能です。


2.便利な機能

(1)表示可能ファイルについて

MFクラウドストレージに登録を行うファイル形式に制限はありません。
画像、PDF、テキスト、CSVファイルはMFクラウドの画面内にてプレビューができます。
なお、1ファイル5MBまで登録を行うことができます。
※MFクラウドストレージ内の容量制限(100MBもしくは10GB)にご注意ください


表示可能ファイル

複数ページあるPDFファイルを登録した場合、プレビューされるPDFファイルは、1ページ目のみではなく、次ページ以降も表示されます。

(2)文章ファイルは文章のコピーが可能です

PDFファイルなどは、プレビューで表示されている文言を直接コピーすることが可能です。
例えば、納品書PDFの文面を、摘要欄にコピーすることができます。

表示されている「テスト事業所」という文言をコピーします。

文言をコピーするだけで、簡単に摘要欄が作成できました。

(3)仕訳を切り替えながら画像の参照・登録が可能です

添付ファイル画面が表示されている状態で、背面の仕訳を変更することが可能です。
そのため、添付ファイル画面を表示したまま、連続で画像の参照・登録を行うことができます。

下記の動画のような操作が可能です。

留意点

  • 仕訳帳票紐付け機能は、仕訳帳入力でのみお使いいただけます。
  • 100MBまでのファイルの登録が料金内で可能です。
    (法人ベーシックプラン・あんしん電話サポート付きベーシックプランのみ10GBまで利用可能)
    ※ファイル容量の増加プランなどはありませんので容量にご注意ください。
  • OCR入力(自動文字認識)には対応しておりません。