「家事按分」機能の使い方

機能説明

家事按分とは、事業用と家事(自家使用)で共用している通信費、車両費などについて、事業用として使用している部分(金額)を必要経費として計上し、個人的に消費している部分は除外する、という考え方です。

MFクラウドでは、勘定科目(補助科目)ごとに、事業に使用した比率を設定し、家事按分を行う(=事業用以外は必要経費として計上しない)設定が可能です。

対象ユーザー

MFクラウド確定申告ユーザー

対象ページ

家事按分

家事按分の入力の流れ

家事按分の想定例

以下の例を想定し、入力を行います。

1.通信費として一ヶ月一万円を経費として計上している。
2.上記通信費は7割を事業で使用している。

仕訳の登録

家事按分の設定は、既に登録された仕訳の金額を集計し、計算されます。
そのため、予め仕訳登録を行っておく必要があります。

例として、以下のように毎月一万円の通信費の仕訳登録を行います。

家事按分の設定

上部メニュー>決算・申告>家事按分で、家事按分ページを開きます。

新しいルールの設定は[家事按分設定の追加]より行います。

勘定科目と事業費率の入力

対象の勘定科目と事業費率を入力します。
勘定科目には通信費、事業費率を70%に設定します。

仕訳の作成

下記のように、試算額が記載されています。
按分前残高は、家事按分をおこなう前の残高です。
按分額累計はルールを適用した場合に家事案分される(経費として計上されなくなる)、金額です。

問題なければ、[一括仕訳登録]または[仕訳作成]ボタンを押します。

仕訳の反映

ボタンを押すと、下記のように仕訳として反映します。

損益計算書(残高試算表)の確認

残高試算表を開き、通信費の経費として計上されている金額が減少していることを確認してください。

青色申告決算書(収支内訳書)にも反映されています。

留意事項

留意点

・「通信費のうち、ネット代のみ按分したい」場合には、補助科目を指定、按分設定を行ってください。

勘定科目の設定上記のページで、補助科目の作成が可能です。
作成後、家事按分のページで指定が可能となります。

・家事按分手続きは、毎月按分後の金額を計上している場合には、設定不要です。
 例えば、毎月一万円のうち7,000円分を毎月仕訳登録している場合には不要です。

・家事按分の金額は仕訳ごとに按分するわけではなく、年に一度の処理としてのみ設定可能です。

家事按分の元となる経費金額がマイナスの場合

pk077

家事按分機能は、仕訳で計上された経費から、一定割合を按分する機能です。

その為、元となる経費金額がマイナスの場合に家事按分計算を行うと、エラーが表示されます。
「按分前残高」の欄がマイナスになっている場合には、総勘定元帳などで仕訳が正しいか、確認してください。

pk079