「税区分の設定」機能の使い方

機能説明

MFクラウド会計・確定申告で使用する税区分の設定を行う項目です。
以下の確認・設定が可能です。

  • MFクラウドで用意している税区分の名称・省略名の一覧
  • 税区分の利用可否設定
  • CSVをダウンロードし、税区分利用可否、並び順を一括でアップロードできる

対象ユーザー

MFクラウド会計・確定申告ユーザー

対象ページ

各種設定>税区分
手動で仕訳・自動で仕訳の各種仕訳入力のページ

使用方法

1.税区分の設定(画面上)

(1)「各種設定」から「税区分」を選択します。

excises_list.1

(2)利用したい税区分科目の「使用」にチェックをし、不要な税区分科目はチェックをはずします。

excises_list.2

(3)課税形式や税率、使用の可否をそれぞれ設定し検索することで、指定した税区分のみ表示をすることも可能です。

excises_list.3

2.税区分のダウンロード・アップロード

(1)「税区分」画面下部に「税区分のダウンロード・アップロード」があります。「税区分設定のダウンロード」にて、ダウンロード形式を選択し、「エクスポート」をクリックしデータをダウンロードします。

excises_list.4

(2)CSVで税区分の使用の可否、検索キーの設定、並び順を編集できます。「使用」は1を設定した場合は有効、0または空白の場合は無効となります。「並び順」は画面上での表示順を設定できます。「名称」「省略名称」の編集はできません。

excises_list.5

(3)「税区分のアップロード」より、「ファイルを選択」にて、編集したデータを選択します。選択されたファイル名が横に表示されます。

excises_list.6

(4)「インポート」をクリックし、アップロードが完了します。

excises_list.7