「部門の設定」機能の使い方

機能説明

部門を設定することで、部門ごとに以下の確認が可能です。

  • 残高試算表で、部門ごとに金額が確認できる
  • 仕訳帳や各種元帳で、部門ごとに確認ができる
  • 部門別集計表で、部門ごとの金額が比較できる

対象ユーザー

MFクラウド会計・確定申告ユーザー
(ただし、MFクラウド会計のライトプランユーザーは、作成できる部門が2部門までに限られています)

対象ページ

各種設定>部門
会計帳簿>部門別集計表
会計帳簿>残高試算表

使用ポイント

部門別管理を行った場合の決算書の出力

部門別の設定を行っても部門ごとの決算書は作成できません。試算表での確認は可能です。

部門別管理でできること

部門別管理については、損益計算書科目での利用を想定しています。貸借対照表科目でも利用できますが、以下の点についてご留意ください。

自動仕訳ルールの適用

貸借対照表科目を使用しての自動仕訳ページでの仕訳入力は、部門設定が保存されません。必要に応じて自動仕訳ルールの設定のページで、手動で設定を行ってください。

使用方法

1.部門の設定

(1)「各種設定」から「部門」をクリックします。

depts.1

(2)「部門を追加」をクリックします。

depts.2

(3)部門名を入力します。検索キーを設定したい場合は検索キーも入力し「登録」をクリックします。

depts.3

(4)部門の下に子部門をつけたい場合は、「子部門を追加」をクリックし、子部門名を入力し「登録」をクリックします。

depts.4_1
depts.4_2

(5)部門名、子部門名を編集したい場合は、それぞれの「編集」をクリックすると変更できます。

depts.5

(6)部門名、子部門名を削除したい場合は、赤いゴミ箱マークをクリックする削除できます。部門を削除したい場合は、子部門をすべて削除しないと部門は削除できません。 

depts.6

各部門の位置はドラッグアンドドロップで移動が可能です。

2.配賦基準の設定

(1)1.で設定した各部門に、共通費を配賦する基準を設定します。画面上部の「配賦基準の設定」をクリックします。

depts.7

(2)「配賦基準を追加」をクリックし、配賦の基準名を入力し「登録」をクリックします。

depts.8

(3)合計で100%になるように配賦基準を設定します。

depts.9

(4)配賦の基準名を変更したい場合は、「編集」をクリックすると変更できます。

depts.10

(5)削除したい場合は、赤いゴミ箱マークをクリックすると削除できます。

depts.11

3.配賦基準の割当

(1)2.で設定した配賦基準を、科目別に割り当てることが可能です。画面上部の「配賦基準の割当」をクリックします。

depts.12

(2)割り当てたい勘定科目・補助科目に配賦基準を選択し、クリックします。

depts.13

(3)一括で配賦基準を設定することも可能です。設定したい配賦基準を選択し、「一括設定」をクリックします。

depts.14