「ACELINK NX-Proの仕訳エクスポート」機能の使い方

機能説明

MFクラウドで登録した仕訳を、株式会社ミロク情報サービス社製の「ACELINK NX-Pro」へそのままお取り込みいただけるフォーマットでエクスポートすることができます

対象ユーザー

MFクラウド会計・MFクラウド確定申告ユーザー

対象ページ

他社ソフトデータの移行

使用ポイント

MFクラウドで登録した仕訳をACELINK NX-Proで利用したい

MFクラウドで登録した仕訳をそのまま取り込めるフォーマットで出力が可能です

使用方法

各種設定>他社ソフトデータの移行>ミロクを開きます。
仕訳をエクスポートのエクスポートボタンをクリックします。

ミロクエクスポート

1. 勘定科目で、検索キー(勘定科目コード)の設定をする

各種設定>勘定科目でACELINK NX-Proの勘定科目コードを、該当する科目の「検索キー」として設定します。
部門コードは各種設定>部門で、該当の部門を「検索キー」として設定します。

ACELINK NX-Proの仕訳汎用データファイルに必要な科目・部門のコードは「MFクラウド会計」の科目・部門の[検索キー]を利用しているため、連携する科目・部門の検索キーにACELINK NX-Proの科目コード・部門コードを設定する必要があります。(使用していない科目、部門については、設定する必要はありません)

【勘定科目】
エクスポート2

【部門】
ミロクエクスポート2

2. 仕訳データファイルをエクスポートをする

エクスポートのページにて出力期間などを指定し、[エクスポート]ボタンを押します。

ミロクエクスポート3

※勘定科目・補助科目・部門で「検索キー」を設定していない場合、上記エクスポートボタンクリック時、勘定科目・補助科目・部門の検索キーをを設定していない場合は、以下のようにリストアップされます。
エクスポート4

リスト内のテキストボックスに、ACELINK NX-Proのコードを入力することで、仕訳データファイルにコードを出力することが可能です。なお、当該リスト内のコード指定は仕訳データ作成用の一時的なもののため保存されません。
保存したい場合は、各種設定>勘定科目各種設定>部門で検索キー(科目コード、部門コード)の設定をする、を実施してください。

3. ACELINK NX-Proで仕訳テキストファイル取込をする

ACELINK NX-Proのメニュー「4.データ連動」の「11.インポート処理」よりエクスポートした仕訳汎用データファイル取込をするを指定し、取り込みを開始します。