「帳簿管理」機能の使い方

機能説明

変更したくない期間の仕訳ロックや、年度締めの際に設定した仕訳ロックの解除が可能です。
また、仕訳Noを時系列順に並べ直すことや、操作中の会計期間の全仕訳を削除できます。

対象ユーザー

MFクラウド会計のベーシックプラン以上をご利用のユーザー
MFクラウド確定申告ユーザー

対象ページ

帳簿管理

使用ポイント

取引Noの仕様

取引Noは番号の振り直しにのみ対応しています。任意に並び変えることはできません。

仕訳入力の期間制限機能の仕様

仕訳入力の期間制限機能を使用することで、設定期間以前の期間を設定した仕訳の入力制限や、すでにに入力した仕訳の編集や削除の制限が可能です。
期末整理後の帳簿など、容易に仕訳を修正しない場合にご利用ください。

使用方法

1.仕訳入力の期間制限

(1)「制限日付」欄に日付を入力します。

book_setting01.jpg

(2)「保存」ボタンをクリックします。

book_setting02.jpg

(3)仕訳入力の期間制限が設定されました。これにより、設定日以前の仕訳の登録・編集・削除ができなくなります。

book_setting03.jpg

(4)仕訳入力の期間制限を解除する場合は「解除」をクリックします。

book_setting04.jpg

2.取引Noを振り直す

(1)仕訳の取引Noは、入力した順番に採番されます。

book_setting05.jpg

(2)取引Noを日付順に振りなおす場合は、「取引Noを振り直す」の「実行」をクリックします。

book_setting06.jpg

(3)取引Noの振り直しが実行されました。

book_setting07.jpg

(4)取引日順に採番されています。

book_setting08.jpg

3.仕訳全件一括削除

(1)「削除対象を確認」をクリックします。なお、削除対象に開始仕訳を含めるか選択ができます。

book_setting09.jpg

(2)削除対象の仕訳が表示されますので、確認の上「全件削除を実行する」をクリックします。

book_setting10.jpg

(3)仕訳一括削除が開始されました。対象件数によってお時間をいただく場合があります。

book_setting11.jpg

(4)処理完了後、ホーム画面に処理結果が通知されます。

book_setting12.jpg

(5)仕訳全件一括削除を行うと、MFクラウドストレージにバックアップデータが自動的に作成されます。