MFクラウド確定申告と「マネーフォワード」の連携

Pocket

MFクラウド確定申告と家計簿アプリ「マネーフォワード」の連携

いつもMFクラウド会計・確定申告をご利用いただきありがとうございます。
マネーフォワードの竹下です。

株式会社マネーフォワードには、ビジネス向けサービスであるMFクラウドシリーズと、個人向け家計簿アプリの「マネーフォワード」という二つのサービスがあります。

今回は、家計簿アプリ「マネーフォワード」を現在ご利用の方が、MFクラウド会計、確定申告を利用する際のメリットについてご案内します。

メリット

1.マネーフォワードのIDがそのまま使える
2.マネーフォワードで連携した口座が取り込める
3.マネーフォワードで入力した情報が反映!

1.マネーフォワードのIDがそのまま使える

マネーフォワードとMFクラウド確定申告のIDとパスワードは共通です。

つまり、マネーフォワードでお使いのアカウントがそのままMFクラウドシリーズでも使え、すぐに使い始めることができます。

マネーフォワードとの連携01

2.マネーフォワードで連携した口座が取り込める

マネーフォワードで登録した金融機関等は、そのまま利用できます。

登録は「自動仕訳」ページに自動で明細が取り込まれ、勘定科目を選ぶだけです。

自動仕訳

マネーフォワードとの連携08

口座選択も可能

MFクラウドで取りこむ銀行口座を選択することができます。
「事業用口座の選択」ページで、チェックが入っている口座のみが取り込まれます。

事業用口座の選択

マネーフォワードとの連携09

3.マネーフォワードで入力した明細が反映!


マネーフォワードとの連携10

マネーフォワードで手入力した明細を、MFクラウドでも利用できます。

マネーフォワード側の処理

マネーフォワードの「財布」機能ごとにMFクラウドと連携できます。

今回は「事業用財布」という項目を作成しました。

【マネーフォワード】財布(現金管理)

マネーフォワードとの連携02

通信費(固定電話)5,000円をマネーフォワードで入力します。

マネーフォワードとの連携03

入力できました。ここまでがマネーフォワードの画面です。

マネーフォワードとの連携04

MFクラウド側の処理

「事業用口座の選択」「事業用財布」という項目があることを確認します。
チェックが入っていないときには、チェックを入れ、保存してください。

マネーフォワードとの連携05

「自動仕訳」を開くと、先ほどの入力が仕訳候補として反映しています。
登録ボタンを押すと、仕訳として登録されます。

マネーフォワードとの連携06

登録された仕訳は、仕訳帳で確認できます。

仕訳帳

マネーフォワードとの連携07

その他

MFクラウドの初期設定や使い方は、使い方ガイドの初期項目を参照してください。
FAQやお知らせblogも充実しています。

MFクラウド会計・確定申告 使い方ガイド
MFクラウド会計・確定申告 FAQ
MFクラウド会計・確定申告 お知らせblog


いかがでしたでしょうか?
ひとつの入力でふたつおいしい、マネーフォワードとMFクラウドを是非ご活用ください!

操作上でご不明な点などございましたら、MFクラウドコンタクトセンターまでお気軽にお問い合わせください。

仕訳の内容などの経理に関するご相談、申告の方法、内容や税務に関するご相談はサポート外となります。
つきましては、税理士などの専門家や税務署へご相談ください。

なお、弊社ではMFクラウドを使用している税理士のご紹介を無料で承っております。
ご関心がございましたら、下記ページよりお探しの条件等をご入力の上、お申し込みください。

税理士紹介サービス



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。無料でお試しいただけます。

Pocket