ZOZO前澤社長の100万円お年玉 税務的にも「粋な計らい」

読了まで約 2

株式会社ZOZOの前澤友作社長が、ツイッターで100名に100万円をプレゼントするお年玉キャンペーン。前澤社長は1月7日で応募を締切り、8日に当せん者に順次連絡したとツイッターで発表しました。なんでも、プレゼントされる総額1億円は前澤社長“個人”のお金だというから、なんとも太っ腹なお年玉です。

晴れて当せんした方は夢見心地のところでしょう。ですが、大金をもらうとなると税金を引かれるかどうかも気がかりですね。実は、今回のキャンペーンは税務的にとてもスマートにできていました。(※画像は前澤友作社長のツイッターより引用)

贈与税は110万円を超えたら課される


前澤社長は1月5日、運営する「ZOZOTOWN」の新春セールの取扱高100億円突破を記念して、今回のお年玉キャンペーンを実施しました。応募方法はツイッターで前澤社長のアカウントをフォローし、応募に関する投稿をリツイートするだけ。5日から7日まで応募を受け付けました。

ツイッターでは100万円が当せんした方の喜びの声もチラホラ見られますが、贈与税がかかるかどうかは気になるところ。税理士の深堀宗敏さんに聞いてみました。

「今回は前澤社長個人が100万円をプレゼントするので、個人からの贈与になります。個人間の贈与の場合には、贈与税が適用されます。

贈与税とは財産をもらった人に課税されるものですが、1年間(1月1日~12月31日)にもらった財産の合計が110万円以下なら贈与税はかかりません。というのも、基礎控除110万円があるからです。

なので、2019年中に、前澤社長からもらう100万円とは別に、誰かから10万円超の財産をもらった方は、申告納税しなければなりません」

>>贈与税について詳しく知る!

もしZOZOからの財産贈与だったら課税されていた

これがZOZOから、つまり法人からの贈与だったら、財産をもらった個人に税金がかかっていたといいます。

「まず法人から贈与を受けた個人ですが、この場合は贈与税ではなく、一時所得として所得税の対象になります。一時所得には特別控除(最高限度50万円)がありますが、今回のお年玉100万円は特別控除額を超えているので課税されますね」

>>一時所得の計算方法を確認する!

また、法人側のZOZOにも負担がかかります。

「法人から個人への贈与の場合、個人間の贈与と異なり、贈与した側の法人に法人税がかかる場合があります。贈与先が従業員の場合は『(役員)賞与』となりますが、今回のように第三者の場合は『寄附金』となります。寄附金の場合、寄附金控除額(損金算入限度額)を超える分に法人税が課税されるのです」

>>寄附金控除・損金算入を詳しく知る!

「100万円のポケットマネーを使って太っ腹な対応ですが、受け取る側の税金まで考慮された素敵な対応ですね!」

取材協力:深堀 宗敏(公認会計士 / 税理士)

公認会計士・税理士/深堀宗敏税理士事務所
PwC税理士法人にて申告書作成業務、M&A、オーナー企業の事業承継対策等に関する会計・税務コンサルティング業務に従事。深堀宗敏税理士事務所を開業。現在、税務実務経験とシステム開発の経験を生かし、クラウドサービスについてのアドバイスを会社のみならず、会計事務所に対して多数行なっている。
@FukahoriTaxnote@fukahori_tax



関連するマネーフォワード クラウドシリーズはこちら
マネーフォワード クラウド会計(法人会計ソフト)



「マネーフォワード クラウド」シリーズのサービス資料