パーチェス法

Pocket

パーチェス法とは、合併など企業の結合に際して採用する会計処理方法の一つであり、買収される側の企業の純資産と買収金額の差額を、のれんとして計上する手法のこと。

パーチェス法は、統合される会社の資産や債務を、公正価値によって評価し、企業合併による継承を事業の一括購入と考える会計処理方法である。

現在、原則として一般的にこのパーチェス法が浸透しており、企業を合併する際の会計処理方法となっている。

パーチェス法を採用すると、合併される会社の資産価値が上がり、買収する会社にとっては経費が増える傾向がある。

国際会計基準では、パーチェス法が一般的な会計方法とされていて、持分プーリング法は禁止されていっている。

同様に日本においても、国際会計基準に合わせるような形で、原則的にパーチェス法を採用し、企業結合会計基準において持分プーリング法を制限する傾向にある。

アメリカの企業結合の会計基準においても、持分プーリング法が廃止され、パーチェス法に調整されつつある。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。