医療費控除

Pocket

医療費控除とは、自分自身だけでなく、配偶者や負担すべき親族の医療費を支払った場合に受けることができる所得控除のこと。

所得控除の中でも物的控除に分類される。

医療費控除の対象となる医療費は、1月1日から12月31日までの期間での病院などの治療費、病院までの交通費、入院時の部屋や食事代、薬局での風邪薬代などが対象となる。

逆に対象とならないものとしては、人間ドックなどの健康診断にかかった費用(重大な疾病が見つかった場合を除く)、自己都合により発生する差額ベッド代、健康や美容関連の費用などがある。

医療費控除の対象となる医療費から保険金などで支払われた金額を除き、更に10万円(総所得額が200万未満の場合は総所得金額等の5%)を除いた額が医療費控除の対象の金額となる。

医療費控除などでの還付金を受け取る場合には、還付申告として還付対象の翌年1月1日から5年間が申請の期間となっている。

関連記事

確定申告の医療費控除



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「マネーフォワード クラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「マネーフォワード クラウド会計」を是非ご利用下さい。