時価基準

Pocket

時価基準とは、決算に当たって資産評価をその時点での時価に求める会計手法のことであり、原価主義あるいは取得原価主義と対比する概念である。

ここでいう時価とは市場価額に基づく価値のことであり、株式などの金融商品の評価に用いられる評価基準である。

金融資産以外の固定資産等の評価に関しては売却時価または再調達時価が用いられるが、金融商品の場合には価値の変動が激しいため、取得原価主義に則っていたのでは売却までの間の資産の変動を記録することができず、会計上の資産と実際の資産価値に齟齬が生じてしまう可能性がある。

それに対して時価基準による評価は、決算時点での企業の資産価値をリアルタイムで正確に捉えることができるため、投資家はもとより経営者にとっても財政状態の把握に役立つというメリットを持っている。

一方で、時価基準で計上された損益計算書には未実現の収益が含まれてしまうため、実際には発生していないはずの利益が配当や税金として流出するというリスクもある。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。