貸倒引当金繰入

Pocket

貸倒引当金繰入とは、決算整理や修正において、貸倒引当金を計上し繰り入れるための見積もり費用のことである。

貸倒引当金繰入は、貸倒損失と同じように勘定科目として分類されるのだが、貸倒損失が実際の貸倒の金額なのに対して、貸倒引当金繰入では貸倒の見積もり金額なのが特徴である。

貸倒引当金とは、売上債権や金銭債権などの金融債権のうちで、将来的に回収が困難だと思われる金額を見積もって計上するマイナス勘定のことである。

貸倒引当金繰入は、貸倒引当金繰入額と呼ばれることもあるが、営業取引の債権に対する繰入額は販売費および一般管理費の項目で計上し、その他の金銭債権に対する繰入額は営業外費用として計上する。

会計上の決算時に、前期の貸倒引当金が残っている時には、洗替法と差額補充法という二つの手法で会計処理することができる。

今期の貸倒引当金が、前期の貸倒引当金よりも多い場合に採用される勘定科目が、貸倒引当金繰入である。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。