予定納税

Pocket

予定納税とは、所得税の一部を事前に納付可能な制度を指す。

その年の5月15日時点で確定している前年分の所得金額、および税額などから算出された予定納税基準額が15万円以上となる場合に納税が可能。

予定納税の対象者になる場合、その通知が税務署から6月15日までに届く。基準額の3分の1にあたる金額を7月1日〜7月31日(第1期分)と、11月1日〜11月30日(第2期分)の期間に納付する形となる。

なお、予定納税には減額制度も設けてある。

減額となる条件は、所得税の見込額が予定納税基準額より少なくなる場合である(その年の6月30日時点での状況)。7月15日までに所轄の税務署長へ「予定納税額の減額申請書」の提出、承認されると減額を受けられる。減額申請書の提出を行なう際には、帳簿などによる証拠が必要である。

第2期分だけを減額申請を行なう場合の期限は11月15日となる。(10月31日時点での見込額から算出される)

関連記事

所得税の予定納税はおトクな制度?予定納税のしくみを徹底解説!|MFクラウド 公式ブログ
確定申告と予定納税の関係について|確定申告の基礎知識
予定納税と還付加算金の関係|所得税の基礎知識|MFクラウド 公式ブログ



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。