マネーフォワード クラウド社会保険 お知らせ

「随時改定」/「定時決定」画面で通勤手当の按分などの機能改善をリリースしました

公開日:2022年05月23日

いつもマネーフォワード クラウド社会保険をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

このたび、「随時改定」および「定時決定」画面について、従業員の通勤手当を按分する設定などの機能を改善しました。
改善された機能は以下のとおりです。

対象ページ

従業員一覧
随時改定
定時決定

実装機能の詳細

「従業員一覧」画面で通勤手当を按分するか、実際の支給額を反映するかを選択できる

従業員一覧」の「本人情報」に「【定時決定・随時改定】通勤手当の計算方法」の項目が追加されました。

「実際に支給された金額を使用する」を選択した場合、「マネーフォワード クラウド給与」の従業員設定に関わらず、各月に実際に支給した通勤手当を反映することが可能です。

「短時間就労者(パートタイマー)」と「短時間労働者」を判定する

  • 短時間就労者(パートタイマー)
    従業員一覧」の「本人情報」で「短時間就労者(パートタイマー)」を選択すると自動で計算します。

     
    「定時決定」の備考欄で「パート」を選択して計算することもできます。
  • 短時間労働者
    「定時決定」または「随時改定」の備考欄で「短時間労働者(特定適用事業所等)」を選択すると自動で計算します。

詳細についてはこちらをご参照ください。

月給制の場合に欠勤日数を判定する

「マネーフォワード クラウド給与」で「給与計算」を確定する場合、欠勤日数がある月については、支払基礎日数を以下の式で計算します。

  • 所定労働日数(当月) - 欠勤日数(平日)

【例】以下の内容で給与計算を確定します。

  • 所定労働日数(当月):22日
  • 欠勤日数(平日):2日

「報酬月額」の「給与計算の基礎日数」は20日になります。

時給制または日給制の場合に出勤日数を判定し、時給・日給の単価変動を検出する

  • 出勤日数の判定
    「マネーフォワード クラウド給与」で「給与計算」を確定する場合、支払基礎日数を以下の式で計算します。

    • 出勤日数(平日) + 出勤日数(所定休日) + 出勤日数(法定休日) + 有休取得日数

    【例】以下の内容で給与計算を確定します。

    • 出勤日数(平日):17日
    • 出勤日数(所定休日):1日
    • 出勤日数(法定休日):1日
    • 有休取得日数:1日

    「報酬月額」の「給与計算の基礎日数」は20日になります。

  • 単価変動の検出
  • クラウド給与の「従業員情報」で「時給」または「時給2」(日給の場合は「日給」または「日給2」)の金額を変更すると、「随時改定」の候補者として検出します。


各機能の詳細については、以下のガイドをご参照ください。
「随時改定」機能について
「定時決定」機能について

今後も皆さまのご要望に基づき、新機能開発・機能改善を進めてまいります。
ご意見・ご要望がございましたら、お問い合わせ窓口よりお送りください。

お問い合わせをご希望のお客さまへ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客さまの疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。

よく検索されるキーワード: