マネーフォワード クラウドの料金・プラン管理 お知らせ

料金体系の一部改定について(改定日:2023年12月1日および2024年6月1日)

公開日:2023年07月14日

平素より「マネーフォワード クラウド」をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

このたび、2023年12月および2024年6月に、料金体系の一部を改定させていただくことになりましたので、お知らせいたします。

改定スケジュール

このたびの料金改定につきましては、以下スケジュールでの実施を予定しています。

改定予定日改定内容
2023年12月1日個人事業主向け有料プランにおける基本料金の改定
2024年6月1日「マネーフォワード クラウド請求書」の「郵送」機能における料金改定


「マネーフォワード クラウドBox」の有償化


「マネーフォワード クラウド会計・確定申告」の「AI-OCRから入力(β)」機能に対する料金体系の新設

対象のお客さま

  • 個人事業主向け有料プランでマネーフォワード クラウドをご利用中のお客さま
  • マネーフォワード クラウド請求書をご利用中のお客さま
  • マネーフォワード クラウドBoxをご利用中のお客さま
  • マネーフォワード クラウド会計・確定申告をご利用中のお客さま

個人事業者向け有料プランにおける基本料金の改定(2023年12月1日以降)

各種法令改正への対応や昨今の物価上昇に伴う開発費の増加を受け、サービスの品質向上・安定稼働を目的として料金体系の一部を改定いたします。

改定内容の詳細

2023年12月1日以降、個人事業主向け有料プランの基本料金を以下のとおり改定いたします。

プラン名改定前改定後(2023年12月1日~)
パーソナルミニ(iOS・Android)月額980円月額1,500円
パーソナルミニ月額 980円 ・ 年額 9,600円月額 1,280円 ・ 年額 10,800円
パーソナル月額1,280円 ・ 年額11,760円月額1,680円 ・ 年額15,360円
パーソナルプラス年額35,760円変更なし

※「パーソナルミニ(iOS・Android)」プランは「税込」の価格です。その他は「税抜」で記載しています。

有料プラン契約中の事業者に対する改定の適用について

2023年12月1日時点で改定前の月額プランまたは年額プランをご契約中の事業者では、2023年12月1日以降に更新されるご契約から改定後の料金体系が適用されます。

具体例

契約日と契約プラン改定後料金体系が適用されるタイミング
2023年11月15日に月額の「パーソナルミニ」プランを契約した場合2023年12月15日に更新される契約から改定後の料金体系が適用される。
2023年11月15日に年額の「パーソナルミニ」プランを契約した場合2024年11月15日に更新される契約から改定後の料金体系が適用される。
2023年11月15日に「パーソナルミニ(iOS・Android)」プランを契約した場合2024年1月15日に更新される契約から改定後の料金体系が適用される。
※「パーソナルミニ(iOS・Android)」プランに関しては、2023年12月1日時点で改定前のプランをご契約中の事業者のみ、2024年1月以降更新分の契約から改定後の料金体系が適用されます。(2024年2月7日追記)2023年12月31日以降更新分の契約から、改定後の料金体系が適用されます。
ただし、改定前に契約した「パーソナルミニ(iOS・Android)」プランを2023年12月中に解約し、2023年12月中に再度「パーソナルミニ(iOS・Android)」プランを開始した場合は、2023年12月開始の契約から改定後の料金体系が適用されます。

「マネーフォワード クラウド請求書」の「郵送」機能にかかる料金改定(2024年6月1日以降)

2024年6月1日以降、「マネーフォワード クラウド請求書」の「郵送」機能における料金改定を以下のとおり実施いたします。

プラン名改定前改定後(2024年6月1日~)
パーソナルミニ1通あたり190円1通あたり200円
  • パーソナル
  • パーソナルプラス
1通あたり170円1通あたり180円
スモールビジネス1通あたり180円1通あたり190円
ビジネス1通あたり170円1通あたり180円
郵送チケット1枚あたり150円1枚あたり160円
  • 上記の金額は、いずれも「税抜」の価格です。
  • 郵送チケットを自動購入している場合、2024年6月1日以降の購入時は新価格が適用されます。

「マネーフォワード クラウドBox」の有償化(2024年6月1日以降)

2024年6月1日以降、「マネーフォワード クラウドBox」を有償化いたします。
これに伴い、クラウドBoxのすべての機能を利用する場合は、各種有料プランへの加入が必要となります。

一部事業者における「アップロード」機能の制限

有料プラン未契約の事業者において、クラウドBoxへのファイルのアップロードができなくなります。
ファイルのアップロードを希望される場合は、マネーフォワード クラウドの有料プランの契約をご検討ください。

また、「パーソナルミニ(iOS・Android)」プランをご契約中の事業者においては、クラウドBoxの「ファイル」画面からのファイルアップロードができなくなります。

(2024年2月29日追記)クラウドBox以外のサービスからクラウドBoxへファイルを保存している場合も当制限の対象となります。クラウドBoxへファイルを保存しているサービスについては、こちらのガイドをご参照ください。

  • 有料プラン未契約および「パーソナルミニ(iOS・Android)」プランをご契約中の事業者において、改定日(2024年6月1日)より前にクラウドBoxにアップロードされていたファイルについては、改定日以降も確認やダウンロードが可能です。
  • 改定日以降に有料プランを解約して未契約になった事業者においても、解約以前にアップロードされていたファイルは確認やダウンロードが可能です。

クラウドBoxに保存可能なファイル数の一部制限

以下の事業者において、クラウドBoxに保存可能なファイル数の上限を1,000件に設定いたします。

  • 有料プラン未契約の事業者
  • 「パーソナルミニ」プランを契約中の事業者
  • 「パーソナルミニ(iOS・Android)」プランを契約中の事業者
  • 「スモールビジネス」プランを契約中の事業者

上記の事業者において、改定後に1,000件を超えてファイルを保存する場合は、プランのアップグレードが必要となります。
個人事業主の場合は「パーソナル」または「パーソナルプラス」プラン、法人の場合は「ビジネス」プランへのアップグレードをご検討ください。

(2024年2月29日追記)クラウドBox以外のサービスからクラウドBoxへファイルを保存している場合もファイルの件数はカウントされます。クラウドBoxへファイルを保存しているサービスについては、こちらのガイドをご参照ください。

プラン名改定前改定後(2024年6月1日~)
有料プラン未契約無制限ファイルのアップロードを行うためには有料プランの契約が必要。
パーソナルミニ(iOS・Android)無制限ファイルは1,000件まで保存可能。
クラウドBoxの「ファイル」画面でファイルのアップロードを行うためには「パーソナルミニ(iOS・Android)」以外の有料プランの契約が必要。
また、ファイル数が1,000件を超える場合、ファイルのアップロードにはプランのアップグレードが必要。
  • パーソナルミニ
  • スモールビジネス
無制限ファイルは1,000件まで保存可能。
ファイル数が1,000件を超える場合、ファイルのアップロードにはプランのアップグレードが必要。
  • パーソナル
  • パーソナルプラス
  • ビジネス
無制限変更なし

改定日より前に1,000件を超えるファイルをクラウドBoxに保存している場合、改定後はプランをアップグレードしない限り、追加でファイルをアップロードすることができなくなります。
すでにアップロードされているファイルの確認やダウンロードは可能です。

「マネーフォワード クラウド会計・確定申告」の「AI-OCRから入力(β)」機能に対する料金体系の新設(2024年6月1日以降)

2024年6月1日以降、「マネーフォワード クラウド会計・確定申告」の「AI-OCRから入力(β)」機能に対し、1ヶ月あたりの仕訳への添付件数に応じた従量課金を含む料金体系を新設します。
従量課金となる仕訳への添付件数は、毎月1日から月末にかけて1ヶ月あたりの件数をカウントします。

読み取った1つのファイルから複数の仕訳を登録した場合でも、添付件数は「1件」としてカウントします。

ファイル数の上限

以下の有料プランを契約中の事業者において、「AI-OCRから入力(β)」機能を利用して仕訳に添付できるファイルの上限を1ヶ月あたり5件に設定いたします。

  • パーソナルミニプラン
  • パーソナルミニプラン(iOS・Android)
  • スモールビジネスプラン

「AI-OCRから入力(β)」機能を利用して1ヶ月に6件以上のファイルを仕訳に添付する場合は、有料プランの契約またはアップグレードが必要となります。

<ご注意>
有料プラン未契約の事業者や士業向けのプランをご契約中の事業者では、「AI-OCRから入力(β)」機能による仕訳作成はご利用いただけなくなります。

6件以上のファイルを仕訳に添付する場合の従量課金

以下の有料プランをご契約中の事業者では、「AI-OCRから入力(β)」機能を利用し、1ヶ月あたり6件以上のファイルを仕訳に添付できます。

  • パーソナルプラン
  • パーソナルプラスプラン
  • ビジネスプラン

6件目以降は、1件につき20円(税抜)の従量課金が発生いたします。

プラン名改定前改定後(2024年6月1日~)
有料プラン未契約無制限利用不可
  • パーソナルミニ(iOS・Android)
  • パーソナルミニ
  • スモールビジネス
無制限仕訳へのファイル添付は1ヶ月あたり5件まで可能。
1ヶ月あたり6件以上添付する場合は、プランのアップグレードが必要。
  • パーソナル
  • パーソナルプラス
  • ビジネス
無制限1ヶ月あたり6件以上添付する場合、6件目以降は1件あたり20円(税抜)の従量課金が発生。

マネーフォワード クラウドでは、これまでお客さまから寄せられるご要望の実現とともに、多数の新機能をリリースして参りました。
数多くのご要望を頂戴し、誠にありがとうございます。
リリース状況の詳細は、「新機能・サービス向上のお知らせ」をご覧いただけましたら幸いです。

このたびの価格改定に関しまして、一部のお客さまにはご負担をおかけし申し訳ございませんが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

ご不明点につきましては、マネーフォワード クラウドのお問い合わせフォーム、または各サービスのお問い合わせ窓口からお問い合わせください。
今後とも、マネーフォワード クラウドをご愛顧くださいますようお願い申し上げます。

※本サポートサイトは、マネーフォワード クラウドの操作方法等の案内を目的としており、法律的またはその他アドバイスの提供を目的としたものではありません。当社は本サイトに記載している内容の正確性・妥当性の確保に努めておりますが、実際のご利用にあたっては、個別の事情を適宜専門家に相談するなど、ご自身の判断でご利用ください。

お問い合わせをご希望のお客さまへ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客さまの疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。

よく検索されるキーワード: