マネーフォワード クラウド給与 お知らせ

標準報酬月額や社会保険料率を複数登録できる機能をリリースしました(2021年06月18日追記あり)

公開日:2021年06月15日

いつもマネーフォワード クラウド給与をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

このたび、標準報酬月額や組合管掌事業所および厚生年金基金の保険料率を複数登録できる機能をリリースしました。
これにより、適用月を指定することで、標準報酬月額や組合管掌事業所および厚生年金基金の保険料率の歴管理ができるようになりました。

すでに登録されていた標準報酬月額や組合管掌事業所および厚生年金基金の保険料率の適用開始月は、デフォルト値の「1900/01」と表示されます。

対象ページ

「従業員一覧」
「基本設定」>「社会保険設定」

追加機能の詳細

適用月を指定して、標準報酬月額を複数登録する

「従業員一覧」>「給与情報」>「健康保険/厚生年金保険」より操作が可能です。
定時決定や随時改定により標準報酬月額が変更となる場合に、事前に変更後の標準報酬月額も登録することができます。
また、「マネーフォワード クラウド社会保険」にて自動計算された標準報酬月額も適用月とともに登録されます。

また、上記の機能リリースに伴い、従業員情報CSVのバージョン更新を行いました。
これにより、最新の従業員情報CSVのバージョンは21となります。

従業員情報CSVの追加項目

「標準報酬月額(社会保険)」の隣に、新たに「健康保険の報酬月額の下限値(社会保険)」と「適用開始月(社会保険)」が追加されました。

適用月を指定して、組合管掌事業所の社会保険料率を複数登録する

「基本設定」>「社会保険設定」 >「健康保険」より操作が可能です。
組合管掌事業所の通知により保険料率が変更となる場合に、事前に変更後の保険料率も登録することができます

適用月を指定して、厚生年金基金の保険料率を複数登録する

「基本設定」>「社会保険設定」 >「厚生年金基金」より操作が可能です。
厚生年金基金の保険料率が変更となる場合に、事前に変更後の保険料率も登録することができます。

ご注意点(2021年06月18日追記)

「適用開始月」は、「基本設定」>「全般」>「締め日グループ」の「社会保険料の徴収方法」によって異なります。
当月徴収の場合:「適用開始月」支給の給与計算より、標準報酬月額や保険料率が反映されます。
翌月徴収の場合:「適用開始月」の翌月支給の給与計算より、標準報酬月額や保険料率が反映されます。

<例>
適用開始月が「2021/07」の場合、
当月徴収:7月支給分より、変更後の標準報酬月額や保険料率が反映されます。
翌月徴収:8月支給分より、変更後の標準報酬月額や保険料率が反映されます。

「従業員情報」と「社会保険の設定」の操作方法については、それぞれ以下のガイドをご参照ください。
10.従業員の登録【管理者による設定編】
7.社会保険の設定【管理者による設定編】

今後も皆さまのご要望に基づき、新機能開発・機能改善を進めてまいります。
ご意見・ご要望がございましたら、お問い合わせ窓口よりお送りください。

お問い合わせをご希望のお客さまへ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客さまの疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。

よく検索されるキーワード:

  • 給与計算・年末調整について詳しく知りたい方

    給与計算・年末調整・社保事務の基礎知識

    給与計算等の方法をわかりやすく解説

    • 給与計算、年末調整、社会保険事務に関する難しい仕組みを簡単解説。操作方法以外でお困りのかたはこちらへ