マネーフォワード クラウド経費(FAQ)

Q. 2022年1月1日以降、電子帳簿保存法(スキャナ保存)の申請は不要となるので、オプション未契約でも電子帳簿保存法に対応しているということになりますか?

マネーフォワード クラウド経費では、タイムスタンプを付与することで電子帳簿保存法のうちスキャナ保存および電子取引の要件を満たしております。
そのため、原則「コーポレート」または「エンタープライズ」オプションのお申込みが必要となります。
プラン料金詳細やお申し込み方法については下記をご参照ください。
プラン
Q. コーポレートプラン、エンタープライズプランへの変更方法

スキャナ保存をせず電子取引のみ対応する場合は、オプション未契約でも運用は可能です。
その場合は、「電子取引データの訂正及び削除の防止に関する事務処理規程」を事前に社内規程として設置いただく必要がございます。
なお、規程に関してはお客様の運用によるため、社内や税理士、税務署と相談のうえご作成下さい。

参考資料(各種規程等のサンプル)|国税庁

更新日:2022年03月21日
このページで、お客さまの疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客さまへ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客さまの疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。

よく検索されるキーワード: