マネーフォワード クラウドの管理コンソール 使い方ガイド

アカウント統制機能でできること

概要

マネーフォワード クラウドの「アカウント統制」機能(有料オプション)について、説明いたします。

目次

  1. アカウント統制機能とは
  2. ご利用条件
  3. アカウント統制機能でできること
  4. アカウント統制機能のお申し込み方法

アカウント統制機能とは

マネーフォワード クラウドを利用するアカウントのセキュリティ、およびガバナンスを向上させる機能です。アカウント統制が「有効」に設定されたアカウントは「会社のアカウント」として管理され、後述するような制御が加わります。

ご利用条件

ご利用には、事前のお申し込みが必要です。

また、会社のドメインが必要です。(例:@moneyforward.co.jp)
ユーザーのメールアドレスのドメインが、会社のドメインと一致する場合のみ、そのユーザーに対して「アカウント統制」を有効にすることができます。

アカウント統制機能でできること

アカウント統制が「有効」に設定されたユーザーは、以下1~3の制御が加わります。また、4の設定が可能になります。

1. ユーザー情報の編集制御

ユーザー自身でメールアドレスを変更することができないように制限されます。
エラー

2. ユーザー退会の制御

ユーザー自身でサービスを退会することができないように制限されます。
ユーザー退会の制御

3. 利用サービスの制御

「マネーフォワード ME」など、個人向けサービスを利用することができないように制限されます。併用不可のサービスの詳細はこちらをご確認ください。
利用サービスの制御

4. ユーザー認証(ログイン)方式の制御

ユーザーアカウント単位で、SAML認証(SSO)設定の有効/無効を設定できます。
有効に設定されたアカウントは、IDプロバイダで管理しているアカウント情報で、認証 (ログイン) することができるようになります。

アカウント統制機能のお申し込み方法

「アカウント統制」機能は、有料オプションです。
導入を検討・希望される場合は、担当営業、またはコンタクトセンターまでお問い合わせください。

更新日:2022年02月24日
このページで、お客さまの疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客さまへ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客さまの疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。

よく検索されるキーワード: