請求業務についての課題調査(2021年時点)

どのような会社でも請求業務は行っていると思いますが、みなさんがどのような課題を感じているか調査してみました。
自社の課題と照らし合わせていただき、業務効率化の糸口を見つけていただけると幸いです。

請求書の作成方法ベスト5

  1. 1エクセルなどの表計算ソフト50.1%
  2. 2請求書作成ソフト22.7%
  3. 3自社システム9.0%
  4. 48.2%
  5. 5EDIなどの受発注システム6.0%
図:請求書の作成方法ベスト3

請求書の発送・受け取り方法

発送

請求書の発送
  1. 紙に印刷して郵送61.0%
  2. 電子化してメールで送付14.7%
  3. 原本の郵送と、電子化してメールも送付7.6%
  4. 手渡しで送付7.6%
  5. EDIなどの受発注システムで送付2.8%

受け取り

請求書の受け取り
  1. 紙に印刷して受け取り61.4%
  2. 電子化してメールで受け取り14.8%
  3. 原本の郵送と、電子化してメールも受け取り7.6%
  4. EDIなどの受発注システムで受け取り3.9%
  5. 手渡しで受け取り2.7%

取引先からの請求書は
メールやPDF等で電子化した請求書でも問題ないですか?

グラフ:取引先からの請求書はメールやPDF等で電子化した請求書でも問題ないですか?/問題ない 69.2%/いいえ 15.5%/わからない 15.4%

現状の請求業務に対する課題
(課題なしは除く)

  1. 1請求書の作成に時間がかかる30.0%
  2. 2請求書の
    印刷・捺印・郵送の手間
    25.8%
  3. 3請求書の
    抜け漏れ確認が非効率
    20.4%
  4. 4社員によってフォーマットが統一されていない14.4%
  5. 5請求書の印刷・郵送コストが高い14.0%
  6. 5請求書の管理・保管が煩雑10.0%
  7. 7入金確認に時間がかかる9.9%
  8. 8代金の回収、催促が手間7.8%
  9. 9請求書と発注書の突き合わせ業務が手間7.5%

電子帳簿保存法とインボイス制度について

電子帳簿保存法について知っていますか?

電子帳簿保存法について知っていますか?
  1. 全く聞いたことがない31.8%
  2. 聞いたことはあるが、内容は知らない30.6%
  3. すでに対応している14.1%
  4. 内容も知っていて、対応したいと考えている12.7%
  5. 内容も知っているが、対応する予定はない10.9%

インボイス制度を知っていますか?

インボイス制度を知っていますか?
  1. 全く知らない・聞いたことがない35.1%
  2. 聞いたことはある28.9%
  3. 概要は知っている18.6%
  4. 詳細も知っている17.4%

まとめ

  • ・請求書作成方法は1位エクセル、2位請求書ソフト。
  • ・請求書の送付と受け取りは約60%が紙で印刷して郵送しているが、70%はメールやPDFの電子データで問題ないと解答。
  • ・請求業務の課題1位は「作成に時間がかかる」。
  • ・電子帳簿保存法について未対応が85%。
  • ・インボイス制度について知らない割合が35%。

調査概要

調査方法:インターネットリサーチ
調査対象ユーザー:従業員数30名以下の会社で請求業務を社内で行っている担当者
サンプル数:1,100
調査実施期間:2021年3月

マネーフォワード クラウド請求書の6つのメリット

マネーフォワード クラウド請求書を使って請求書の作成・発送・管理業務を圧倒的に効率化!
会計ソフトに売上・入金などの仕訳も自動で作成されます。

データが消えない

データが消えない

データはクラウドに自動保存されるので、パソコンが壊れたり紛失しても、データが消えることはありません。またパソコンを買い換えてもデータの移し替えや設定作業が不要です。

無料でアップデート

無料でアップデート

法令改正や消費税の増税への対応や日々のサービス改善にも無料で素早くアップデート対応。現在施行されている区分記載請求書等保存方式に対応していることはもちろん、2023年10月1日からはじまるインボイス制度にも対応します。

いつでもどこでも使える

いつでもどこでも使える

PCとインターネット環境があれば、いつでもどこでも使えます。WindowsにもMacにも対応しています。データはオンライン共有できるので、離れた場所にいても、営業担当者や経営者とすぐに連携が可能です。

ワンクリックで簡単に郵送

ワンクリックで簡単に郵送

クラウド型請求書ソフトなら、請求書を封筒に入れて郵便局まで行く必要はありません。郵送ボタンをクリックするだけで、請求書を郵送できます。印刷・封入・送付作業を代行してお客さまの業務効率化を支援いたします。

毎月の請求書は
定期発行で自動作成

毎月の請求書は定期発行で自動作成

「毎月自動作成」機能を使うと、同じ内容の請求書を毎月作成する手間がなくなります。
毎月作成する請求書は、一度スケジュールの登録をしていただくと、 自動で定期発行ができるようになります。 また、繁忙期に起こりがちな請求書の発行漏れを防ぐこともできます。

会計ソフトと自動連携

充実したサービス

マネーフォワードが提供するサービス「マネーフォワード クラウド会計・確定申告」との自動連携が可能です。 請求書を作成して送るだけで、「マネーフォワード クラウド会計・確定申告」に売上データが自動的に記帳され、会計処理の効率が格段に上がります。
また、入金時の消込処理とも連動しているため、売掛金管理が非常に簡単になります。