クラウド会計・確定申告の「債務管理」機能が使いやすくなりました

いつもマネーフォワード クラウドをご利用いただきありがとうございます。

マネーフォワード クラウド会計・確定申告の「債務管理(β)」機能につきまして、(β)を外し、「債務管理」機能として正式にリリース致しました。また正式リリースにあわせて、取引のインポート・エクスポートなどの新たな機能を追加しております。

債務管理とは

債務管理とは、取引先への代金の支払い額や期日などを、正確に把握・管理する業務です。

代金の支払い漏れや遅延は、取引先だけでなく社会的信用の失墜にもつながります。自社の信用維持のため、また大切なビジネスパートナーとの信頼関係を深めるためにも、支払い回りの管理が必要になります。

しかし、皆さまの事業所には日々たくさんの請求書が届きます。それぞれ管理し、支払い期日どおりに運用するのは煩雑な作業でもあります。

具体的には以下の業務を別々に行う必要があります。

  • 請求された内容をエクセルなどで管理する業務
  • 銀行振込の指示内容が記載されたデータ(FBデータ)を作成する業務
  • 証憑(請求書など)を受け取ったときと、その請求金額を振込したときに仕訳を登録する業務

マネーフォワード クラウドの「債務管理」機能

マネーフォワード クラウド会計・確定申告の「債務管理」機能は、事業所に届く請求書を管理し、振込データや仕訳を作成することができます。前項で触れた、債務管理の煩雑な手続きを集約し、業務効率化を実現します。

「債務管理」機能の特徴

  1. 企業の債務を一元管理することができる。

    支払先(債権者)ごとに、「いつまでに」「いくら」支払うべきなのかを一覧で管理することができます。

  2. 支払に必要な振込データの作成ができる。

    「債務管理」機能で作成したデータに基づき、振込み用データ(FBデータ)のファイルを出力できます。
    このファイルを、お支払い元の金融機関へ送ることで複数の振込先への振込依頼をおこなえます。

  3. 仕訳登録が簡単に行える。

    債務に関する仕訳も、「債務管理」の画面上で簡単に登録することができます。

「債務管理」機能の詳しい使い方については、こちらのページをご参照ください。

主な新機能

「債務管理」機能の正式リリースにあわせて様々な新機能を追加しています。複数の取引を一括登録できたり、取引を検索できたりと、操作画面が便利でわかりやすくなったことで、よりスピーディーに業務を進めていただけます。

・取引のインポート・エクスポート

複数の取引を一括で登録したり、登録済の取引をCSVファイルで出力することが可能になりました。

・「取引一覧」画面と「振込データ作成」画面の検索項目

「取引一覧」画面において、決済予定日で検索ができるようになりました。

「振込データ作成」画面において、決済予定日と振込データの作成状況で検索ができるようになりました。

・「取引詳細画面」のエラー内容がわかりやすく

会計期間外に仕訳候補が作成されている場合に「取引詳細画面」に表示されるエラー内容が、「取引作成時の仕訳」と「決済登録時の仕訳」と分かれて表示されるようになりました。

上記のほかにも、様々な機能を追加しています。詳しくはこちらのページをご覧ください。

提供プランの変更

これまで「債務管理(β)」機能は、契約プランに関わらず提供してまいりました。

しかし、「債務管理」機能の正式リリースおよび機能拡充に伴い、2020年6月2日以降は、「ビジネス」「エンタープライズ」プランでのみご利用可能となります。

債務管理 スモールビジネス ビジネス
変更前
変更後

「スモールビジネス」プランをご契約のうえで「債務管理(β)」機能をご利用いただいていたお客さまにおかれましては、ご不便をおかけし誠に申し訳ございません。

2020年6月2日以降、引き続き債務管理機能をご利用いただく場合は、ビジネスプランへのプラン変更をご検討くださいますようお願い申し上げます。プラン変更の手順につきましては、こちらのページをご参照ください。

マネーフォワード クラウドは、ユーザーの皆さまがより使いやすいよう日々サービス改善を進めてまいります。今後ともよろしくお願い致します。

関連記事