導入事例トップ サービス「経費」の導入事例 業務の効率化と自由な働き方が実現しました。

業務の効率化と自由な働き方が実現しました。

経費 メーカー・製造小売 スタートアップ・小規模 株式会社文響社 経理部・人事部 シニアマネージャー 田口智博様
経理部 マネージャー 清村菜穂子様
株式会社文響社

マネーフォワード クラウド経費の導入により、場所を選ばない自由な働き方と経費精算にかかる業務時間の削減を実現した事例。

紙を使った経費申請により、現場からは辛いという声が上がっていました。

株式会社文響社

文響社は、人々が自分自身の可能性に気付き、新しい一歩を踏み出すためのきっかけになる作品を提供していく出版業務を行なっております。最近ですと子供向けの「日本一楽しい漢字ドリル うんこ漢字ドリル」が非常に好評です。

勤怠、給与、会計を担当するバックオフィスは2名体制で、幅広い業務を少人数で対応しているという現状です。発生する経費は、新聞図書、会議費、交際費が主になります。営業が打ち合わせをする際に会議費・交際費が発生し、編集者は担当する作家に関する書籍等を購入する際に新聞図書費が発生します。書籍の購入はAmazonなどでクレジットカードで立て替え、あとでまとめて経費精算するという形をとっています。

以前は経費精算に、外部のシステムではなく自社でGoogle Appsを使って申請を行う方法をとっていました。紙の領収証を添付して申請をする必要があり、紙は紛失しやすいというデメリットがありますから、現場からは管理が面倒という声が上がっていました。経理側としても、提出された紙の領収証を1件ずつチェックする必要があるため、会社に来ないと業務が行えないという不便さもありました。全社員分の領収証とデータの付けあわせを行うだけで3〜4時間、経費精算を締めるのに半日程度かかっていました。

こういった理由から、経費システムの導入を検討することを始めました。今後の拡張性が見込めることや、当社で利用しているソフトとの連携を考慮した上で一番相性が良かったこともあり、マネーフォワード クラウド経費を導入することに決めました。

 

マネーフォワード クラウド経費の導入で、自由かつ効率的な働き方が実現しました。

株式会社文響社

マネーフォワード クラウド経費の導入期間は、設定や社内周知を含めて1週間程度で行うことができました。短期間での導入だったものの、導入サポート時にデモを交えながらその場で確認することができたため、社員の戸惑いはほぼありませんでした。

これまでは限られた就業時間の中で経費精算業務を終えなければならなかったので、確認に時間がかかる分かなり切迫した環境でしたが、マネーフォワード クラウド経費を導入してからは、紙で提出された領収証とデータの付け合せが無くなり、時間的に余裕が出たため気持ちの面でもゆとりを持って働けるようになったように感じます。クラウドで業務が行えるため、子供が熱を出したときなどでも在宅で空いた時間に業務が出来るようになって助かっています。

経費申請の差戻しが発生した場合、チャットを使って経理と社員間でコンタクトが取れるため、双方のレスポンスが早くスムーズにコミュニケーションが取れることもありがたいです。マネーフォワード クラウド経費では申請者が経費申請一覧を確認することもできるので、重複申請や申請のし忘れを事前に防ぐこともできています。

導入した当初はリリースされたばかりのプロダクトであるために不具合などの懸念もありましたが、アップデートの頻度が高いので、こちらの希望を伝えていけばどんどん改善・対応してもらえそうというスピード感のあるベンチャー企業ならではの期待がありますね。

 

MFシリーズの連携機能も使用していきたいです。

株式会社文響社

今後、社員の増員を予定しており、経費精算の処理件数も増えることが想定されます。それに伴い、承認・チェックの件数も増えていくため、今後は承認権限を現場に沿った形に分けていく予定です。金額の上限などで適切な役職や部署で承認ができるワークフローの形を想定しています。条件により承認者を分岐する機能が今後予定されているようなので、リリースされたら利用していきたいと思います。

現在は、マネーフォワード クラウド経費しか使いこなせていないので、請求書処理や給与計算などの業務もマネーフォワード クラウド製品に統一してバックオフィスの業務効率をさらに改善していきたいと思っています。

資料ダウンロード
導入をご検討の方は、
ご不明な点がありましたらお気軽にお電話ください。 受付時間10:30~17:00 (土・日・祝日を除きます)
tel

050-5305-0715

050-5305-0715

株式会社 文響社

株式会社 文響社

エンターテインメントは、楽しむだけのものではなく、私たちの現実まで変えてしまうほどの力があります。我々は、人々が自分自身の可能性に気付き、新しい一歩を踏み出すためのきっかけになる作品を提供していきます。すべての人の「現実」に、夢と希望を与えるエンターテインメントを。

http://bunkyosha.com/