会計ソフト導入についての意識調査から読み解く、会計ソフトの選び方とは?

読了まで約 3
会計ソフト導入についての意識調査から読み解く、会計ソフトの選び方とは?

経理業務を効率化するためには会計ソフトの導入が欠かせませんが、導入の際にどのような点が意識されているのでしょうか?
30名以下の企業経営者の方に、会計ソフトに関するアンケートを実施しました。(2021年3月実施)

税理士・知人の紹介や会社設立が導入のきっかけに

まず、現在使用している会計ソフトを導入したきっかけについて聞くと、税理士や知人からおすすめされて導入した方と、会社設立のタイミングで導入を決めた方が半数以上を占めていることがわかりました。

現在使用している会計ソフトを導入したきっかけBEST5

会計ソフトを導入すると、入力した仕訳から自動で帳簿を作成できるため、経理業務の大幅な削減に繋がります。特に、クラウド型会計ソフトの場合はオンライン上でデータを連携できるため、担当税理士から導入を薦められるケースも多いのではないでしょうか。

約半数の経営者が、比較せず会計ソフトを導入

一方、「現在使用している会計ソフトを導入する際、比較しましたか?」という質問に対して、比較検討を行っていた人と比較せずに導入を決めた人の割合はほぼ同数でした。

現在使用している会計ソフトを導入する際、比較しましたか?

税理士から勧められた会計ソフトを導入した人や、会社設立時に利用したサービスと同じメーカーの会計ソフトを使う場合など、検討する必要がなかった方も多いのかもしれません。

料金の安さ、税理士の推薦が会計ソフトを選ぶ決め手に

また、現在使用している会計ソフトを選んだ理由については、「料金が安かったから」が34.0%と最も多く、次いで、「税理士に良いとおすすめされたから」29.8%、「機能が1番充実していたから」26.5%の順となっています。

現在使用している会計ソフトを選んだ理由

固定費となる会計ソフトをなるべく安く済ませることができるのは、バックオフィスの効率化を考える方には魅力があるようです。会計ソフトには様々な種類・特徴があるため、きちんと比較せず導入を行うと失敗することもあります。まずは複数の会計ソフトを実際に操作し、機能の詳細を把握した上で、自社の経営スタイルや事業規模に合った会計ソフトを選ぶよう心がけましょう。

調査概要
調査方法:インターネットリサーチ
調査対象ユーザー:30名以下の中小企業経営者
サンプル数:1,100
調査実施期間:2021年3月

会計ソフトの導入をご検討中の方へ

マネーフォワード クラウド会計は初期費用0円で今すぐ始められるクラウド会計ソフトです。
取引入力と仕訳の作業時間を削減し、帳簿作成や決算書作成を自動化。 充実サポートで経営者から経理担当まで安心してお使いいただけます。 会計ソフトの導入をお考えなら、マネーフォワード クラウド会計をぜひご検討ください。

※掲載している情報は記事更新時点のものです。

Bizpedia編集部

「Money Forward Bizpedia」は株式会社マネーフォワードが運営している公式メディアです。 マネーフォワード クラウドに関係する会計や経理などのバックオフィス業務をはじめとしたビジネスに役立つ情報を更新しています。

「マネーフォワード クラウド」のサービス資料