純現金収支

Pocket

純現金収支とは、企業評価を行う上で重要になる指標の一つであり、フリーキャッシュフローと呼ばれることもある。

純現金収支は、商品の販売やサービスの提供といった事業活動で得た現金収入(営業キャッシュフロー)と、設備投資や有価証券の取得、企業買収などに充てる現金収支(投資キャッシュフロー)を合計することで算出され、この金額が大きいほど、自由に使える現金を多く生み出している企業だという評価になる。

損益計算書は書類上の利益と実際の金銭の動きとが必ずしもリンクしておらず、企業評価の指標とするには不安な部分もあるのに対し、キャッシュフロー計算書は恣意的な操作が困難であるため、より信頼性の高い企業評価が可能となる。

企業が通常の事業活動を継続しながらも設備投資や企業買収などに多くの資金を投入できるということは、それだけ現在の経営体力があり、かつ長期的な成長も見込めるという意味になり、株主が企業を評価する際には非常に重視される指標となる。

企業価値の算定においても用いられる指標であり、純現金収支の現在価値と遊休資産の時価評価額を合計したものから債務を控除したものが、株主にとっての企業価値となる。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。