営業損失

Pocket

営業損失とは、企業が本業のために行っている活動のためにかかっている費用が収益を上回り、営業に関わる収支がマイナスとなる状況のことを指す。具体的には、売上総利益から販売費および一般管理費を引いた金額がマイナスとなったもののことを表す。

営業損益を分析することで、企業の本業における営業活動の状態を把握することができる。営業損失となる状態は、いい状態ではないということは間違えないものの、何が原因で営業損失が発生しているのか、その原因を調べることが非常に重要となってくる。

損益計算書において営業損失を調べる際には、今年一年の指標だけを見るのではなく、過去数年分の記録を分析することによって算出された数値を反映することで、より正確に判断することができる。

なお、営業損失が発生している場合でも、非現金支出費用が多い場合や、運転資金が減少したりしている場合には、営業活動によるキャッシュフローがプラスになることもある。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。