デリバティブ取引

Pocket

デリバティブ取引とは、株式や債券などの金融商品から派生した、金融派生商品(デリバティブ)を用いた取引のことである。

デリバティブとは金融派生商品全般の総称のことであり、先物取引、オプション取引、スワップ取引の三つに分類できるの。デリバティブ取引を採用することで、実際に必要な資金よりも少ない金額で、大きな投資ができるのが特徴である。

またデリバティブ取引を行なうことで、相場の価格変動に伴なう損失を避ける、リスクヘッジができるというメリットがある。

また市場の環境に関係なく流動性を維持することができる。

株式市場においては、一般的に日系平均先物やオプションがデリバティブをさすことが多い。

デリバティブを採用する目的には、他にも裁定取引などのアービトラージや投資などがある。デリバティブ取引の短所としては、取引相場の予想とは異なる変動を発生させる要因となることがあり、急落したりするなどの影響を与えることがあるため注意も必要である。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。