自己宛小切手

Pocket

自己宛小切手とは、銀行が自分自身を支払人として振り出した小切手のことであり、不渡りになる危険性が限りなく低いという特徴を持っている。

自己宛小切手はより詳細には「預金小切手(預手)」と「送金小切手」とに分けることができ、預金小切手は振り出した銀行が自分自身の店舗を支払人としているものであり、送金小切手の場合は他店舗や他行を支払人としているものである。

使用目的としては、不渡りの危険性が極めて低い小切手であるため、信用性の高くない会社が支払いや送金処理のために用いることが多い。

また、銀行自身が支払人であることから現金や預金にごく近い性質を持っており、実際に商取引上は現金と同等の扱いをされることが一般的であり、不動産売買のような高額取引の際には盗難リスクを軽減するという観点からも自己宛小切手を使用することがある。

銀行側の手続きとしては、自己宛小切手の振り出しを依頼されたあと、依頼人からの入金または預金口座からの振り替えを確認してから振り出すことになる。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。