• 更新日 : 2020年6月15日

オフバランス取引とは

オフバランス取引とは、貸借対照表(バランスシート)で会計管理されない帳簿外の営業取引のこと。オフバランス取引におけるオフバランスとは、バランスシートと呼ばれる貸借対照表におけて計上されない営業取引のことである。

オフバランスの中には、スワップ、オプション、金融先物、先物外国為替などが含まれている。

例えば、ファイナンスリース取引で賃貸借を行った場合においては、リース料を支払って設置した機器は、損益計算書の経費としては記載するが、バランスシートには計上されない。

オフバランス取引が必要となった理由には、市場における金利や為替の変動が激しくなり、リスクを抑える必要が生じると共に、国際市場の国際化しており様々な金融技術を採用するようになった背景があるのだ。

デリバティブと呼ばれる金融派生商品も時価会計基準が適用されるようになり、オフバランス取引として計上されなくなった。このようにバランスシートで会計処理されないオフバランス取引を区分して管理する必要がある。

会計業務を自動化!マネーフォワード クラウド会計

働き方改革対応自動アップデートの勤怠管理システム Money Forward クラウド勤怠


※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。

【監修】マネーフォワード クラウド会計

会計・経理業務に関するお役立ち情報をマネーフォワード クラウド会計が提供します。マネーフォワードクラウドは会計から人事労務までクラウドでDXを推進、バックオフィスの業務効率化を応援します。