マネーフォワード クラウド確定申告 お知らせ

e-Taxの障害により期限内の申告が困難な場合の「特記事項」の記載について

公開日:2022年03月15日

いつも「マネーフォワード クラウド会計・確定申告アプリ」をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

国税庁より、2022年3月14日から発生しているe-Taxの障害により期限内に送信ができなかった場合、確定申告書提出時の「特記事項」欄に「e-Tax の障害による申告・納付期限延長申請」と記載することで、後日提出ができる旨のお知らせが公表されました。

2022年3月31日のアプリのアップデートにより、申告書を提出の際の特記事項として「e-Tax の障害による申告・納付期限延長申請」を選択できるようになりました。

「お知らせ」電子申告時に期限延長に伴う特記事項の記載に対応しました。

マネーフォワード クラウド確定申告の「スマホで電子申告」では、「特記事項」に「e-Tax の障害による申告・納付期限延長申請」と記載することができないため、以下の代替案をご検討ください。

    • 「窓口・郵送で提出」で出力した確定申告書を印刷し、申告書の右上の余白に 「e-Taxの障害による申告・納付期限延長申請」と記載し提出する。
    • 「e-Taxで電子申告」でe-Tax用のxtxファイルをダウンロードし、インストール版のe-Taxソフトを使い、送信票に特記事項を追記のうえ確定申告書を送信する。
    • 国税庁の「確定申告書作成コーナー」にて、マネーフォワード クラウド確定申告で作成した決算書の内容を転記し、確定申告書を作成のうえ「確定申告書作成コーナー」で申告書を送信する。

※インストール版のe-TaxソフトはWindowsにのみ対応しております。Macユーザーの方は「確定申告書作成コーナー」で送信する方法、もしくは印刷し書面で提出する方法をご検討ください。

なお、「スマホで電子申告」では、「新型コロナウイルス感染症の影響による期限延長に伴う特記事項」の記載につきましては対応しております。
「申告書を提出する」画面中に「期限延長に伴う特記事項の記載(任意)」という項目が表示されますので、チェックを入れ「次へ進む」をタップしてください。

20220331_03

e-Taxへの接続障害について(第四報)(国税庁ホームページ)
Q. 2021年度分(令和三年分)の申告期限延長をおこなう際の申請方法について教えてください

お問い合わせをご希望のお客さまへ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客さまの疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。

  • 顧問税理士をお探しのかたへ

    マネーフォワード クラウド確定申告に精通した税理士を無料でご紹介

    専門家にすべてをお任せ

    • マネーフォワード クラウド公認メンバーの中からお客さまに合った最適な税理士を無料でご紹介。記帳業務は専門家にお任せ!