マネーフォワード クラウドの管理コンソール使い方ガイド

SSO機能の設定について

概要

マネーフォワード クラウドでは、アカウント統制機能(有料オプション)をお申し込みいただくことにより、SAML認証(SSO)の設定が可能です。SAML認証(SSO)の設定手順について、説明いたします。

<ご注意>
マネーフォワード クラウドのSSO設定は、HTTPリダイレクトバインディング(HTTP Redirect Binding)のみに対応しています。
他のバインディング方法(HTTP POSTバインディング、HTTPアーティファクトバインディング、SOAPバインディングなど)には対応しておりませんので、ご注意ください。

対象のお客さま

マネーフォワード クラウドの管理コンソールを「全権管理」または「セキュリティ」権限でご利用中のお客さま

手順

SAML認証(SSO)を有効にするには、以下3つの設定が必要です。

1. ドメインの設定

詳細は下記をご確認ください。
ドメインの設定手順

2. SAML認証とメタデータのアップロード

SSO設定画面に表示されている情報をIDプロバイダ(IdP)に入力後、メタデータのアップロードを行います。

なお、設定に際してSAML応答への署名は必須です。
IdPごとの設定方法の詳細については、以下のガイドをご参照ください。

Azure ADのSAML設定方法
Google WorkspaceのSAML設定方法
HENNGE OneのSAML設定方法
サテライトオフィスのSAML設定方法
トラスト・ログインのSAML設定方法

関連ガイド

Q. 連携実績のあるIdPを教えてください。

3. ユーザーのSSO設定

ユーザ管理画面にてユーザごとに設定します。詳細は下記をご確認ください。
ユーザのSSOを有効にする方法

ご注意
マネーフォワード クラウドのSSO設定は、SP-Initiated SSO のみに対応しています。IdP-Initiated SSOには対応していません。

※SP-Initiated SSOとは、マネーフォワード クラウドなどのサービスプロバイダー(SP)起点でSSOを開始するフローを言います。IdP-Initiated SSOとは、AzureADなどのIdP起点でSSOを開始するフローを言います。

更新日:2024年05月31日

※本サポートサイトは、マネーフォワード クラウドの操作方法等の案内を目的としており、法律的またはその他アドバイスの提供を目的としたものではありません。当社は本サイトに記載している内容の正確性・妥当性の確保に努めておりますが、実際のご利用にあたっては、個別の事情を適宜専門家に相談するなど、ご自身の判断でご利用ください。

このページで、お客さまの疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客さまへ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客さまの疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。

よく検索されるキーワード: