dot sience株式会社

操作性とお得感でマネーフォワード クラウドに決めました

dot sience株式会社 木村龍典 様
一次産業の生産者を支援するベンチャー企業で経理を担当する木村様。
事業の特性上、請求書発行が多く、Excelでの管理からマネーフォワード クラウドに移行したことで作業時間は1/5に減少しました。経理業務は未経験でしたが、直感的な操作性で、初めての方でも安心してマネーフォワード クラウドをご利用いただける事例です。

Excelでの請求書発行と比べて作業時間が1/5になりました

 

ーー 御社の事業について教えてください

一言で言うと、一次産業の生産者支援です。
一次産業に携わる方が作った生産物をプロデュースして商品化し、販売することで、その生産物を世に広める支援をしております。例えば、「FRAGLACE」というフレーバーアイスは横田園芸さんという生産農家の方が栽培したバラをアイスクリームにしてWeb上で販売したり、お茶のフレーバーはお台場の「teamLab Borderless」内のショップでも販売しております。

また、障がい者福祉施設にて栽培する食用花のブランディングおよび販売事業も展開しており、こちらでは「農福連携」をテーマに障がい者の方の雇用を創出する支援も行なっております。

ーー マネーフォワード クラウドの導入のきっかけは何ですか?

創業時から代表の小澤とシェフと私の3人で事業運営を行なっており、バックオフィス業務は私が一人で担当しております。実は創業時にバックオフィス業務ができる人間が一人もおらず、どう進めようか困っておりました。

そこで、会計士の資格を持っている知人のベンチャー企業の代表に相談したところ、その方にとりあえずマネーフォワード クラウドを導入すべきと勧められたのが導入のきっかけです。知識を持った方がおすすめしてくれるのだから間違いないだろうと思い、導入を決めました。

ーー 最初は請求書の効率化が目的でした。

事業の性質上、発注先が多く、Excelでの管理に限界を感じていたので、まずはマネーフォワード クラウド請求書を導入しました。

直感的に操作できる画面で、簡単に請求書の作成ができましたし、ワンクリックで郵送の手配もできるので、とても便利です。Excelで作成していた頃は、細かいレイアウト調整などで時間がかかっていましたが、マネーフォワード クラウド請求書を導入してからは作業時間が1/5くらいになりました。

スタートアップ企業は先を見据えて全部使えるマネーフォワード クラウドを導入しておくのがおすすめ

その後、「マネーフォワード クラウド会計」も導入し、「マネーフォワード クラウド請求書」とデータ連携することで会計業務の効率化も出来ています。初めは「マネーフォワード クラウド請求書」単体で契約していたのですが、会計とセットで使うならマネーフォワード クラウドの方がお得ということで、マネーフォワード クラウドに乗り換えました。
複数のサービスが使えて料金も¥3,980〜とお得なので、今は全て利用していなくても、スタートアップ企業は先々を見据えて導入しておくのが良いと思います。

ーー 導入時に困ったり操作がわからない点はありましたか?

請求書については、全くありませんでした。画面設計も直感的なデザインになっていて、すぐに作業に取りかかることができました。
実は、私は他の企業の経理を支援しており、別のクラウド請求書ソフトも利用しているのですが、操作性が圧倒的にマネーフォワード クラウドの方が良いと感じますね。画面がシンプルで必要な機能が洗練されているので、何も考えずにストレスなく使うことができています。

会計についても、顧問税理士の方と一緒に導入を進めたので、特に困りませんでしたね。人的リソースが少ない中で事業に専念できる体制を築けているのは、マネーフォワード クラウドを導入してバックオフィスに費やす工数を削減できたおかげだと思います。

導入でご不明な点は、お気軽にお電話ください

受付時間: 10:30~17:00 (土・日・祝を除きます)
dot sience株式会社
高付加価値食品のプロデュース。レシピ開発コンサルティング。