導入事例トップ サービス「会計」の導入事例 会社の将来を考えて、複式簿記形式の入力ができる会計ソフトを選びました。

会社の将来を考えて、複式簿記形式の入力ができる会計ソフトを選びました。

合同会社esa

創業してはじめての会計ソフトにMFクラウド会計を採用。複式簿記形式の入力は、MFクラウド会計を使っていくうちに自然と慣れました。今では楽しく作業して月の処理が半日で終わるようになりました。

会計ソフト「MFクラウド会計」は今月の仕事を振り返るいいきっかけになりました。

合同会社esa

会計に詳しくなくても、なんとなく使い始めることができます。

現在、合同会社esaを興して1年ほどになります。起業するまでふたりとも会社員とフリーランスで働いてきたので、法人会計に関する知識はほとんど持っていませんでした。 会計ソフト「MFクラウド会計」を選んだのは、多くの友人が家計簿アプリ「マネーフォワード」を使っていて、その評判が良かったからです。マネーフォワードと同じ会社のサービスなので、会計ソフト「MFクラウド会計」も使いやすいはずだ、という点が決め手でした。実際、使ってみて感じたのは、見やすくわかりやすいこと。法人会計についてまだ詳しく知らない時でも、何となく使えるUIはデザイナーの目から見てもすばらしいと思います。

9時から5時までといった決まった時間ではなく、家にいても作業をすることもありますが、会計ソフト「MFクラウド会計」はクラウドサービスなので、時間と場所を問わずに作業できるのも便利です。経理作業は自分たちでやっているのですが、自信がないので詳しい方に監督をお願いしており、その人に見てもらう時も、直接、顔を合わせなくてもアカウント共有機能を使って、直接、データをチェックしてもらえるのも余計な手間がかからず、うれしいところです。

「きちんと帳簿をつけなきゃいけない」というプレッシャーがありました。

もちろん使い始めたばかりの頃は勘定項目がわからず戸惑ったこともありましたが、ある程度、自動提案してくれるのでそれをチェックするだけでよいですし、仕訳の内容を記憶してくれるため、使うほどに修正の手間が減っていきました。法人会計は大変だと聞いていたので覚悟していたので、会計ソフト「MFクラウド会計」のおかげで、拍子抜けするほどスムーズに作業できるので、びっくりしています。

月末に自分たちの給与振り込みや経費精算を行っていますが、その作業も半日で終わります。月末の作業は、今月の仕事を振り返り、来月以降の指針を立てるいいキッカケになります。そんな時、損益計算書などレポートを自動作成してくれる機能も便利です。

スタートアップに最適なサービスではないでしょうか。

合同会社esa

会社経営に必要な簿記の知識も得ることができます。

会社を経営していくためには、会計の知識が重要なことは知っていました。でも2人の会社なので、専任の担当者はいません。そのため、2人とも会計の勉強をしなきゃと考えていましたが、会計ソフト「MFクラウド会計」のおかげで、会計を楽しみながら勉強することができています。起業前には言葉さえ知らなかった「消し込みの仕訳」も、MFクラウド会計のわかりやすい機能のおかげで、実践を通して理解することができました。今では楽しいくらいです。

会計ソフト「MFクラウド会計」は会計の基本である複式簿記形式を採用しています。

家計簿のような仕訳入力形式を採用したクラウド会計もあり、それはそれで使いやすいという話を聞きますが、それでは肝心の簿記に関する知識を身に付けられません。複式簿記形式の会計ソフト「MFクラウド会計」なら、使っていくうちに自然と簿記への理解を深めることができます。また複式簿記の場合、慣れないうちは仕訳がわからないこともありますが、インターネット上に仕訳のやり方などの情報もたくさんあるので、特に困ることなく安心して作業できます。先にも触れましたが、一度、仕訳したらソフトが記憶してくれることもあり、やればやるほど楽になっていきます。

もうすぐ初めての決算をしなければならず、税理士さんを探さなければならないのですが、税理士紹介サービスや会計ソフト「MFクラウド会計」とデータ連携する請求書作成ソフト「MFクラウド請求書」も使ってみようと考えています。余計なストレスを感じることなく会計業務をこなせる会計ソフト「MFクラウド会計」や同じくマネーフォワードが提供する「MFクラウド請求書」などのサービスは、コンパクトな規模のスタートアップに最適なサービスなのではないでしょうか。

無料で試してみる
法人企業向け資料ダウンロード
導入をご検討の方は、
ご不明な点がありましたらお気軽にお電話ください。 受付時間10:30~17:00 (土・日・祝日を除きます)
tel

050-5305-1201

050-5305-1201

合同会社esa

合同会社esa

「情報を育てる」という視点から作られた、自律的なチームのためのドキュメント共有サービス、esa.io。 不完全な状態から仲間とドキュメントを共有して育てていける「WIP機能」、ChatWorkやSlackなどの外部サービスとの豊富な連携やカテゴリ機能などが特徴的です。 楽しく気軽に使えるコラボレーションツールで、企業や開発チームはもとより、最近では個人やご家庭でお使いになる方々も増えています。

https://esa.io