売上債権回転率

Pocket

売上債権回転率は、経営における取引から生じた売上債権が、どれほどの率で回転しているかを表すための指標である。

売上債権回転率は、売上高と売上債権との比率で計算することができる。

売上債権とは、約束手形や売掛金の合計のことであり、売上債権回転率が大きいほど、売上債権回収までに必要な期間が短いことを意味する。

会社にとっては、売上債権回転率が高い方が良く、回転率が低いと資金の運用が悪い状態であることを示している。

また、店頭で現金販売をする小売業や飲食業の場合、売上債権回転率が非常に高くなる傾向がある。

売上債権回転率を良くするためには、下記の事項が重要となる。一つ目は支払期日をしっかりと把握し、支払いが遅れている取引に対して催促するなど管理を強化すること。

二つ目は、一つの取引先で売上債権が極端に集中してしまうことがないように手配したり、支払期間を早めてもらうなどの方法を検討するなどが挙げられる。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。